« 早朝練習に励む | トップページ | 自転車のおかげ?かな! »

2012/06/05

ヤマハ ガラ コンサート 2012

6/2の土曜日ですが、家族3人でコンサートに行ってきました。

渋谷 道玄坂にあるBunkamura オーチャードホールで開催されたこのコンサートは、ヤマハ ガラ コンサート2012!

〜ヤマハ音楽教室から生まれ育つ、若き音楽家たちの祭典〜 です。

鑑賞料金は、通常S席¥4,000のところ、特別鑑賞ということで、私達は¥1,000で、娘は創作研究講座に席をおいている関係から、なんと無料なんです(笑)

¥3,000で貴重な体験が出来てしまい、とってもお得なんです!

娘は、渋谷に足を踏み入れるのは、初めてです(爆)

車で行くか、電車で行くか?少し悩みましたが、帰りにビールで一杯、喉を潤すとなれば、電車しかありませんよね!

渋谷までは1時間30分くらいですし、時間も読めるし、遅刻する訳にもいきません。

と言うことで「電車で行くよ!」と勝手に決めさせていただきました(笑)

JR常磐線に乗り、JR日暮里駅で山手線に乗換えです。

日暮里駅のホームに下りてみると、偶然にも同じ楽器店の生徒さん家族と遭遇!

娘よりも一学年先輩の女の子ですが、幼児科の頃から娘のお手本となる女の子なんですよ!一昨年は一緒に地区大会にも出場しました。

しかしながら二人とも昨年は、悔しい思いをしてしまったので、今年は目標に向かって頑張ってもらいたいです。

それぞれ目指している目標は違うかもしれませんが、皆で頑張ろうね!

一緒に電車に乗り込み、渋谷駅まで談笑。ハチ公口からおりて、Bunkamuraへ向かいます。

やってきましたBunkamura!ホールへ入り、判ってはいたものの唖然!

素晴らしい、素晴らしすぎるホールです!

客席からぐるっと周囲を上から下まで舐めまわすかのように見入ってしまいました。

世界の三大ホールと呼ばれるウィーンのムジークフェラインザール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、そして、ボストンのシンフォニーホール。

いずれも天井が高く、垂直の両側壁、浅いバルコニーを持つシューボックス型ホール。

オーチャードホールは、このシューボックス型を採用した国内最大規模のホール。

高く平らな天井(高さ約20m)と垂直で大きな側壁に、音が何度も繰り返し反射して重厚で豊かな音場を生み出します。

会場の様子を撮影することが出来ないのは残念ですが、ホームページから引っ張ってきましたので、お時間のある方は、下の「ホール」をクリックして下さいませ。

このホールの素晴らしさが判って頂けると思います。

このようなホールで演奏出来るなんて本日エントリーされている生徒さんは、羨ましい限りです。

006

画像は、今年のパンフレットです。

本日演奏される皆さんは、昨年の各大会でグランドファイナル金賞受賞など、大変な活躍をされた生徒さんです。

皆さん、将来は音楽家の道を歩む事でしょう!

娘の通う楽器店からも、今年中学一年生の女の子が出場しました。ヴィオラとのアンサンブル・・・勿論自作曲です。ソロと違い、お互いの息のあった演奏は、たまりません。

鑑賞席も1階のフロア17列目でしたので、しっかりその演奏技術も真近でみることが出来ます。

002_2

特に印象に残ったのは、娘と同じ学年の女の子!最初の演奏ですが、表現力といい、演奏技術といい、出来上がっちゃっています。

娘もとても良い刺激を受けたのではないでしょうか?どうかな!

最も印象が強かったのは、マスタークラスの女の子(ピアノ)ですが、プロのピアニストのようですね。

生まれ持った才能と資質・・・これ以上どの様に才能を伸ばされていかれるのでしょうか?

間違いなく、将来は有名なピアニストに育っていくことでしょう。

17時30分からの開演で二部制、その素晴らしい演奏は2時間続きました。

いやぁ〜最高でした!とても心が癒されました。

エレクトーン、ピアノ…そして、日本フィルハーモニー交響楽団の皆さんの演奏!

その演奏者の皆さんの気持ちがそのまま音楽を通じて伝わってきました (^-^)/

演奏技術も勿論ですが、その表現力ときたら、ただ凄いの一言です。

きっと娘も、モチベーションが上がったのでは?自分の演奏に更なる磨きをかけてもらいたい・・・期待しましょう。

お友達やレッスンでお世話になっている講師の方達にもお会いし、しばし談笑。

あっという間に時間が経過してしまいました。

談笑していると、同じ楽器店の中学一年生の男の子に、娘が話しかけられました。

「妹が、ふうちゃん(娘)のことを良きライバルとして目標に置き、頑張っていますよ!」と。

もったいないお言葉を有難うございます!

娘も他の生徒さんからライバル意識してもらえる様になるなんて、嬉しい限りです。

そのような褒め言葉を戴いても、我が家の娘さんときたら・・・のほほ~ん!としているので、困ったものです。

少しぐらい緊張感を持って、良きライバル&お友達として、頑張ってくれよな~(笑)そんな感じなんです。

毎度のことなので、諦めておりますが、もう少し感情や悔しさを表に出してくれても良いと思うのですが・・・

本番に強いね!と言われ続けて、ここ数年!

確かにそうかもしれませんが、練習時から常に本番であると心に決め、演奏すれば、もっと力が付くじゃないの?(爆)

小学校2年生までは、怖いもの知らずって感じでしたけど、昨年はさすがに緊張したようでしたが、ノーミスで演奏出来ました。

4年生になった今年は、どうなることやら・・・選曲した曲は、十分戦える曲だと思います。

後は娘が、曲と一体になり、聞き手をどの様に感動させることが出来るかです!

皆、時には泣き、笑い、そして潰れそうになるくらい叱られながらも頑張って練習しているんですよね!

娘よりも親のほうが緊張したりして(笑)

そして、JEF【ジュニアエレクトーンフェスティバル】まで後、ひと月となってしまいました。

まずは、楽器店大会です。

今までの演奏技術や表現力も含め、精一杯力を出し切り、楽しんで演奏してもらいましょう。

そうすれば、きっとご褒美が付いてくる筈です(爆)

今年の娘の目標は、まずは地区大会に出場することだそうです。

その後は、結果によってまた考える!とのこと。そりゃそうですよね、その先を今から考えていても、撃沈された時にショックは大きいですから!

ひとつひとつ階段を確実に上がっていってくださいな。

その目標に向かって頑張れるように、応援する事しか出来ませんが、一つでも上のステージに出場出来たら・・・と思います。

撃沈されてしまうのか?それとも新たなステージまで進むことが出来るのか?本当に楽しみです。

個人的な意見ですが、今年は結構いけそうな気がするんですけどね・・・

完全に親バカです!

さぁ~音楽で、日本の元気を取り戻しましょう!

005

長渕さんも頑張っていらっしゃいますし・・・ (^^;;

今日は久しぶりに、渋谷に出向きましたが、相変わらず凄い人だかりでした!

若い方達ばかりでしたけど。

以前の自分を見ている様で・・・ (^-^)/

本日の締めとしてお約束どおり、ビアガーデンで生ビールを二杯ほど戴いて、23時に我が家に無事帰宅!

日時が変わった日曜日はと言うと、午後から娘のエレクトーン創作【作曲】研究講座の日です。

送迎しなければなりません(笑)

ロードバイクの方はと言うと・・・

昨日の天気予報では、朝から雨だったのですが、降っていません。 ガ~ン!

それなら、朝練!出来たのに・・・ orz

昨日の帰りも遅かったことだし、仕方が無い、今日はゆっくりしますかね。

それとも帰って来てから、娘とポタリングでも行きましょうか(爆)

あっ、無理だ!その後は、2ワン達の躾レッスンが予定されていたのでした~。

なかなか、忙しい週末です(爆)

|

« 早朝練習に励む | トップページ | 自転車のおかげ?かな! »

サイクリングウェア」カテゴリの記事

コメント

娘さんにはいい刺激になったでしょうね。

あまりコンサートにはいかないのですがやはり生で聴くと癒しが違うんでしょうね。

ブログランキング、ポチリ。

投稿: tac-phen | 2012/06/05 03:56

こんにちは。

オーチャードホールって凄いですね!
オーケストラの生演奏なんて何年前に聴いたのか忘れました。
ミュージカル「屋根のうえのバイオリン弾き」と宝塚歌劇は記憶に残っていますが(^^;;

コンサートは娘さんにとって良い刺激になったと思います。
「私もこのステージで演奏した〜い」と内心思ったかもしれませんよ(^_−)−☆
JEFではご自分に満足できる演奏をして欲しいですね。
ご成功をお祈り致します。

投稿: らら | 2012/06/05 11:46

tac-phenさん

娘の刺激になってくれていたら、儲けものなんですけどね(笑)
なんだかんだ、娘は無料でこのような体験が毎年できるわけで
来年もまた、鑑賞するつもりでおります。
やっぱり生の迫力を肌で感じられる・・・娘にとっては、本当に貴重な体験ですから。

投稿: araita | 2012/06/05 13:11

ららさん

私もオーケストラの生演奏は、久しぶりでしたね。日本フィルハーモニー楽団と
ピアノだったり、エレクトーンだったり・・・アンサンブルが出来るのですから、演奏者にしてみれば
人生の中でも最高の演出かと思いますよ。

オーチャードホールは、初めてでしたが立派です。シューボックス型ホールですので、音色は2階
席が最高だと思いますが、演奏者の表情や演奏技術を確認するのは、やはり1階席の前の方でないといけません。

娘は良い刺激を受けたと思いますので、次回の演奏に生かしてくれたら!と思います。

投稿: araita | 2012/06/05 13:17

こんにちは。

きっと娘さんも感情は表に出さないまでも内に秘めたものがあるのではないかと思います。頑張るか頑張らないかは本人が決めて、その結果も本人が享受するもの。親ってそういう意味で無力ですよね^^;。でも一番の応援者であることは間違いないですから、頑張れる環境を整えてあげるというのは大事でしょうね。本人に叱咤するというのも必要でしょうし。

でもこういう上を見ることってすごく大切ですね。上を見るから目標ができる。いいコンサートだったですよね^^。
ではヽ(´▽`)/

投稿: まっさん | 2012/06/05 17:31

まっさんさん

こんにちは。
コンサートの翌日の創作研究講座での講師との会話ですが・・・
あのステージに立てるか立てないかは、本当にちょっとしたことだけなんですよ!
演奏している曲だって、特別凝っている訳ではなく、いたってシンプル。
ただ、演奏する前の集中力、演奏表現だとか、その曲を如何に自分のものにするかだと!
それが一番難しいんじゃないですか(笑)

まっさんさんのおっしゃるとおり、娘にはとても良い刺激となり、内に秘めたものがじわじわと
こみ上げてくることを期待し、来月のイベントでご褒美が戴けることを祈っております(笑)

投稿: araita | 2012/06/05 18:17

こんばんはhappy01

娘さん、目標達成に向けて頑張っていますねup
私も見習わないとcoldsweats01

週末といっても多忙で
なかなかbicycle走る時間を取るのも厳しそうですが
マイペースで行きましょうhappy01good

投稿: まったん | 2012/06/05 22:45

まったんさん

有難うございます。
娘も頑張っているんだか、ダラダラしているようですが、彼女自身は
それでも精一杯頑張っているようです。

どうしてもそれを見ていると厳しくしてしまうのですが、やっぱり褒めて育てなきゃ
ダメなんでしょうね(笑)

ハイ、マイペースで行きましょう。scissors

投稿: araita | 2012/06/06 00:06

読んでいてとても微笑ましく・・・笑ってしまいました!!
araitaさんからは想像できないほんわかしたお嬢さんで、誰に似たのでしょうね。笑
でもあんまりガツガツし過ぎてもね~、案外ちょうど良いのかもしれませんよ~!
オーチャードホール、すごい規模です。舞台に立つだけで緊張してすくんでしまいそうです。
そこで堂々と演奏できるとは大したものですね!
お嬢さんもその仲間入りができたら、araitaさんどうなっちゃうんでしょうか?!笑

投稿: hana | 2012/06/06 00:35

hanaさん

こんばんは。楽しんでいただいたようで、有難うございます。記事UPのモチベーションも上がりますよ(笑)

誰に似たのでしょうか?私でもなく、かみさん似でもなく・・・親の言うことは、半分聞けばましなくらいな状況ですよ(爆)
まぁ、確かに毎年この時期は、娘にとって一番忙しい時期であり、一番戴きたい賞のイベントもあり、大変なのは事実!

それなりに頑張ってはいるのですが、参加される皆さんが頑張っているのだから、悔しい思いを
しないためにも、精一杯時間の許す限り、6月は我慢して頑張って欲しいところなのですが
今日も学校から帰ってきたら、さっさと遊びに行ってしまったようです。

どうしても遊ぶことが一番最初になってしまうんですね(笑)・・・仕方がありませんね。

投稿: araita | 2012/06/06 20:06

拙ブログにコメントありがとうございます。

伏見は私のお気に入りで京都に来られることがあるなら是非訪れてみてください。

ブログランキング、ポチリ。

投稿: tac-phen | 2012/06/08 03:45

tac-phenさん

京都は社会人になってからは、一度しか訪れたことがなく、記憶も薄れている状態です。
伏見は情緒溢れる街並みを堪能できますので、時間を作って訪れてみたいと思います。

投稿: araita | 2012/06/08 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/54863840

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ ガラ コンサート 2012:

« 早朝練習に励む | トップページ | 自転車のおかげ?かな! »