« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012/08/16

美浦トレセン経由霞ヶ浦

8月は、仕事に追われてしまったこともあり、本日が初の走行。オリンピックの開催もあり、生活パターンが崩れていたのも原因の一つ(笑)

久しぶりの走行と云うこともあり、早朝のうちに軽~く済ませてこようと思ったのですが、早く起きれずに出遅れてしまったのも・・・たるんでいる証拠だ(悲)

ささっと準備をし、スタート前のドリンク完備とガーミンエッジ500に電源を入れる。

空を見上げてみて思うことは・・・今日も暑くなりそうだ!

今日の目的地は、周辺コースでの周回トレーニングにしようかと思っていたのですが、水辺に向かいたくなり、やっぱり霞ヶ浦へ行くことに!ただその前にちょこっと休憩ポイントとして寄り道をする。

阿見から稲敷方面へ直進し、美浦トレーニングセンターへ!我が家からは25km位で到着してしまう距離なので、一時間もかかりませんが久しぶりの走行と云うこともあり、ここで小休憩をとっておこう。

006
競馬会館や寮の前を通過して事務センター及び広報会館へ向かうと東屋等が配置された芝生広場が出現。

その名は、ファン・トピア。

往年の名馬を紹介しているメモリアルレリーフと題された石飾壁がそびえ立っている。

重賞勝ち馬パネルのように思えましたが、ファンからの人気投票によるレリーフで、まさに明日の栄光を夢見る馬と人が集う王国が観光客を出迎えてくれる。

009

トレーニングセンター内では、定期的に調教の様子や、各種イベント、見学会などが行われているんですが、8月のこの期間は開催されていないんですね。

別に見学しに来た訳ではありませんので、構いませんがね(笑)

ファン・トピアでの小休憩を終え、目的地の霞ヶ浦に向かいます。途中で火照った体を癒すためにも、暑い夏場に欠かせないアイテム「ガリガリ君」を戴くことに。

味は「梨味」・・・旨いっす!

霞ヶ浦に到着するも、予想に反して向かい風がかなり厳しく襲いかかってきた(爆)

空模様も幾分怖さを感じさせるような?昨今の異常気象のせいもあり、爽快な気分での走行ではなく、とにかく前へ進まなければ!的な走行の連続となった。

午前8時を過ぎたところですが、既に気温は軽く30度を超えている。ジリジリした暑さではありませんが、湿度が高く、どちらかと云うと不快感が強い天気ですね。

霞ヶ浦とも今日はここでお別れ・・・と云うポイントで撮影!

010

この頃には、分厚い雲もとぎれとぎれになってきて、心地よい青空も徐々に広がってきた。

自転車を止めると・・・汗がダラ~っと滝のように流れ落ちますが、向かい風に見舞われながら走行している時は、厳しいものの心地よい風となって涼しく走行・・・夏場を象徴するような走行感。

ここからは、我が家に向かって復路を攻めるだけです。本日の走行距離は60km程度でしたが、酷暑の夏は無理せずに行くしかない(笑)

霞ヶ浦周辺の蓮の花も終わりに近づき、花はちらほら確認できる程度。

復路の走行は、稲穂の頭が少しづつ垂れてきた風景を画像に納め、無事帰宅なり。

015_2

走行距離が60km程度の時は、どうしても物足りなさが残ってしまうなぁ~

個人的には、走行距離80km前後がちょうど良さそう(笑)・・・でもこの設定は、午前中に走行を終え、午後からは他の目的に応じた対応をする場合の走行距離。

一日自転車だけでOKの場合は、150km前後が目安。この位だと翌日の仕事にも影響なく、程良い体の疲れが心地よい(笑)

今週末は、休暇の予定なので、心地の良い走りを目指したい!

別の用事が入りませんよ~に!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012/08/05

7月末の筑波山

筑波山へのヒルクライムルートはいくつもありますが、個人的にお気に入りなのは湯袋峠からのルート!

今日もつつじヶ丘を目指します。

連日の酷暑ですが、今日も暑くなりそうですので、午前中にひとっ走り済ませてしまう予定ヒルクライムのスタートです(笑)

005

いつもの湯袋峠の入り口です。スタート地点に立つと、なぜかしら「良し!」と気合が入ります。

峠道へのスタート前、後方からヘリのエンジン音が!水田への農薬散布のようです。かなりの低空飛行でしたので、これまた何故だか画像におさめなければと思い、しっかりとシャッターをきりました。

006

いつものルートで調子良く漕いで上がっていきます。気温の方はちょうど30度位になりそうです。あくまでもガーミンのデータですのであしからず。

007_2

この風景がいつも心を癒してくれます。

この先に少し行くと天然水が戴けます。近所の方が結構汲みに来ていることが多いのですが、今日は私だけ・・・折角なのでしっかり戴いておきます。

010

天然水をボトルいっぱいに詰め込みます。

012_2

ボトルが一本しか持ち合わせていなかったのは残念ですが、手のひらで水を受け口に含み、ゴクゴクッと飲み干します・・・冷たくて旨っ!

今日の予定は湯袋峠ではストップせずに、風返し峠まで一気に攻めていきます。

015

午前8時前と云うこともありますが、このルートは車通りも少なくとても走りやすい。風返し峠までのルートとしては、個人的に一番気に入っています。

既にヒルクライムを終えたローディーがダウンヒルでこちらへ戻って来ます。とても気持ちの良い走行が出来ている様で、お互い手を挙げて、挨拶を交わしました。

気になる気温の方ですがは、既に30度を今日も超えました(笑)

おもいっきり汗だく・・・先程の天然水も半分くらい飲み干してしまいましたよ。

016_3

とは言え、体の調子も良く、気持ちよくヒルクライムが出来ているように思います。

まず最初の目標地点、風返し峠へ到着です。

いつもと違うポイントで撮影し、記録に残します。ここでも数名のローディーと挨拶を交わします。そして、写真だけ撮影してすぐに、つつじヶ丘駐車場を目指します。

今日は、早朝と言えども少し出遅れたことが功を奏して、つつじヶ丘で売店が営業する時間帯に突入することから、ソフトクリームも戴けそうです。

そして、しっかり休憩してからダウンヒルすることに決めています。夏場の楽しみと云うやつですかね・・・体動かしている分、いくら食べても気になりませんね(爆)

019

ソフトを食べる、ソフトを食べる!と心でつぶやきながら(笑)つつじヶ丘駐車場に無事に到着・・・ここでも撮影ポイントを変更し、願いガマの前としました。

願い事は、唯一つ!今日の安全走行をお願いします。

願いガマの左に目をやると・・・

020
なんだか奇妙な物体?山中から出土したにぎり石を発見!本当に出土?

疑っても仕方が無いので、信じることにして、なでなで!しておきました。

021_2

これできっと幸せになれることでしょう(笑)

今日は登山客も多く、午前9時から20分間隔で山頂までのロープーウェイが運行されています。

025

写真左手がロープウェイのルートです。山頂までロードバイクで上がれると楽しそう?と思うのは私だけでしょうか(笑)

さてお約束通り、ソフトクリーム戴きました。

おすすめはミックスと云うことでしたが、クインシーメロンの単独!

031_2

味の方はと云うと・・・まぁ、普通ですね!でも疲れ切った体にはどんなソフトクリームを食べても最高のご褒美となります。

ソフトクリームを手渡してくれた時に、ロードバイクで登ってきたんじゃ、今日も暑かったでしょ~と労いのお言葉を戴き、談笑モードになりました。

ソフトクリームだけでは、この火照った体の癒しにはなりませんね。ドリンクも一緒に戴いときました。

それでもなかなか汗は止まりません。

小一時間程度ゆっくりしたでしょうか?火照った体も落ち着きを取り戻しましたので、ダウンヒルを開始します。

今日は、不動峠を目指し、北条大池方面から帰宅することにしましょう。

その前に富士見橋辺りからの眺望です。もやもやっとしていますが、ご容赦願います。

なかなか、スカッと晴れた澄み渡る眺望にお目にかかれませんが、これも次回の楽しみとなり、再度ヒルクライムへの挑戦意欲が沸くというものですから、良しとしなければいけませんね。

033

034_2

上の写真の中央辺りに道路上に標識ゲートがかかっています(判りますか?)が、あのゲートをくぐり、不動へ向かいます。

035_2

富士見橋を過ぎてから風返し峠までは、コーナリングも勿論ですが、斜度10%ですのでブレーキングも重要です。

不動峠までのこのダウンヒルは、とても気持ちが良い!

直線距離も長く、途中にアップダウンも適度にありますので、私好みです。

しかしながら気持ちが良い楽しい時間は、ほんのわずかですが、また峠を攻めに来たいと思うのは何故なんでしょう?

あっという間に不動峠へ到着です!

037

不動では、定点で撮影しておきます。

ここからは、北条大池まで一気に下っていきますが、大勢のローディーとすれ違います。このルートは周辺に木々に囲われた緑のトンネル化(←大袈裟)により直射日光を遮ってくれるので、人気があるのかもしれませんね。

ツールドつくばのルートでもあります。

少し先を行くと、一台の自家用車(ワンボックスですが)がゆっくり走行をしています。何故かというと、ローディーが前方からどんどんやってくるので、これ以上速度が出せないわけです。

仕方なく私はその車の後ろについて、走行しておりましたが、ドライバーの方が私に気付いて、道を譲ってくれましたので手を挙げて挨拶を交わしました。

きっと、とんでもない道路に入り込んでしまったな!と云う感じたったんでしょうね・・・近郊のナンバーではありませんでしたから、観光でしょうかね(笑)

自家用車を追い越してからは、再度気持ちの良いダウンヒル!たまに走行路面が荒れているところがあるので、要注意です。

ダウンヒルも終了し、北条大池が見えてきました。この時期の大池は、蓮の花でいっぱいになります。

038

蓮の花は、ハチの巣に似ているとも良く言われていますよね。

043_2

大池一杯の蓮の花を堪能し、ここからは我が家へ一直線・・・無事午前中に走行を終え帰宅なり。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »