« 強風の中での110km完走、仲間が居なかったらDNFだったかも! | トップページ | 筑波山ヒルクライム&ダウンヒルを堪能、そして西光院へ! »

2012/11/28

ULTEGRA FC-6570 コンパクトクランクに交換

交換したのは、先週の土曜日の24日!早朝に朝食パンの買い出しライド(36km走行)を終え、天候も雨模様になってきたところで、午後から作業に取り掛かりました。

午前中は軽めにいつものパン工房で朝食を買い、その後は近傍の牧場へ立ち寄ってサラブレッドを見てきました。

001_2

ちょっと画像が小さくて判らないかな?

何故か判りませんが、宇都宮競馬で使用したと思われるスタートゲートが置換されておりましたよ。

010_2

011_2

今日は2頭くらいしか調教されていませんでしたので、めぼしいサラブレッドを拝見することが出来ませんでしたね(笑)

超軽めの36kmの走行を終え、雨もしとしと降り始めたので、急いで帰宅。

さぁ~て、メンテでもしますかね!

本日の午後は、妻さんは身だしなみを整えるために美容院へ・・・娘はエレクトーンの作曲に精を出している中、私はロードバイクの整備です(笑)

いつも整備中に、娘が声を掛けてきます。いくつか作曲のパターンを考えたんだけど、どれがいいか聴いてくれる?

整備中の手を止めて聴くしかありません。

2番目の方が良いんじゃない?・・・あっそう!

じゃぁ~このパターンは?

それもなかなか良いんじゃないの!・・・後は自分の好みで演奏したら?

我が家はいつもこんな感じでしょうか?

自分だけ好きなことをやっている訳にもいかず、明日はishitakaさん、tawagotoさんと一緒に筑波山ヒルクライムを予定していることもあり、家族の気分を損ねる訳には参りません(爆)

それでは本題のクランク交換の話題にいたしましょう。

デフォルトでついていたクランクは、FSAのオメガクランクコンパクト!クランク長170mm。BBもFSAのBB-4000でした。

005

004

今回交換するクランクは、勿論コンパクトクランクでULTEGRA FC-6750 ホローテックⅡデザイン。歯数は50/34T シルバー、クランク長は2.5mm長い172.5mmにしました。

クランクを並べて比較してみました。

008

010

BBは、DURA-ACE SM-FC7800 ホローテックⅡ専用、シェル幅68mm。

017

デフォルトBBを取り外して、シェルの中を覗き込んでみると、1年半の間に随分と細かい砂利が混入しておりました(笑)

013

勿論、BB周りにも細かな砂利が付着している状態。

012

やはり、BBも定期的にメンテナンスしなければいけませんね・・・これを見るとメンテナンスの至らなさが判ります(爆)

シェル内を綺麗に清掃し、問題の無いことを確認・・・デュラグリースを塗り付けて、取り外しと逆の工程で、組み付けていきます。

016

ほら、綺麗になったでしょ!

時間的には30分もあれば、さくさくっと交換完了出来ますね。

今までなかなかBBを取り外してメンテすることを躊躇していましたが、やってみれば難しいことは特にありません。

締め付けの際の適正トルク値についても各パーツに表記されていますから、その通りに実施すれば良し、また各パーツにも取扱説明書も添付されていますから、それを参考に組み付けるだけです。

問題なく取付完了!

018

019

逆光になってしまい、良く確認できませんね(笑)

失礼いたしました。

なかなか、男前になったんじゃないでしょうか(爆)

これからは細目にBBについてもメンテをしていくことにしましょう!

細目にと云っても皆さん、どのような頻度でメンテされているのでしょうかね?走行実績にもよるのでしょうけど、雨天時の走行後は、やった方が良いのでしょうね。

とは言っても基本、雨天時の走行は控えておりますから、年に2回くらいのメンテで良いのでしょうか・・・

まぁ、気が向いたら行うということで(爆)

それでは是非、BBのメンテナンスを最近怠っていらっしゃる方、きっと砂埃等がBB周りとシェル内に溜まっていますよ・・・お試しくださいね。

毎日記事の更新は出来ませんが、ポチッと応援して戴けると嬉しいです。


にほんブログ村

宜しくお願いします。

|

« 強風の中での110km完走、仲間が居なかったらDNFだったかも! | トップページ | 筑波山ヒルクライム&ダウンヒルを堪能、そして西光院へ! »

体質改善・健康維持」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
パンクくらいは修理しますが、なかなかクランクまでは
手が出せませんが、簡単ですかねえ?
ところで馬の写真は霞ヶ浦のほとりの美浦付近でしょうか?
そのあたりはまだ未開の地なので、近く遠征してみます。
牧場はフリーで入れて、馬の写真も色々と撮れそうです
ね!
ポチッ!

投稿: Tomy | 2012/11/28 00:37

私はBBは全然いじっていません。

恐ろしい状態になっているのでしょうか。

機械音痴なのでばらすのはかなり勇気がいりますが、微妙な調整などは必要ないのでしょうか。

まずはスプロケの分解、洗浄からトライしようと思っています。

ポチ。

投稿: tac-phen | 2012/11/28 04:13

Tomyさん

おはようございます。BB外しもクランクのメンテも特に
難しくはありませんよ(笑)
BB外すための専用工具は必要ですけど、¥1.200程度で調達できますし、一度やってみてはいかがでしょうか。締め付けの適正トルクがありますのでトルクレンチがあればさらに良いですけど・・・私は自分の感覚で締め付けてしまっていますけどね。
強すぎず・・・弱すぎずって感じですけど(笑)

牧場は、美浦ではなく、阿見の福田工業団地脇にある武田牧場です。
結構、のほほ~んと出来ますよ。

投稿: araita | 2012/11/28 08:37

tac-phenさん

私もそんなに詳しい訳ではありませんが、一度やってしまえば、苦にならないと思います。
天候が悪く走れない時にはやっぱりメンテするしかありませんので、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

tacさんの場合、常に乗り倒していますから、かなりすごいことになっているかもしれませんね(爆)

投稿: araita | 2012/11/28 08:39

araitaさん、こんにちは。
牧場は行った事がありませんので、来年の目標にでも
しますか・・
それから、コンパクトクランクに替えたのですね。
山登りに抜群の威力を発揮しますか?
年末を控え、私もマイチャリンコ2台の大掃除を
しないといけませんね!

投稿: ただの | 2012/11/28 13:35

ただのさん

牧場は、なぜか我が家から自転車で15分くらいのところにあるんですよ。サラブレッド、牛・・・美浦トレも
近いですからね。

クランクはもともとコンパクトでしたからFSAからシマノのアルテになっただけですよ。
ヒルクラは、脚力もそうですが、兎に角心拍を常に鍛えなくてはいけませんね。
私も年末に向けて、Myロード2台?あれっ?メンテしながら綺麗にしたいと思いますよ(笑)

投稿: araita | 2012/11/28 14:21

こんばんはhappy01

クランク、グレードアップ
いいですね~winkgood

やはり、デザイン(ルックス)も
105よりかっこいいですねsign01

何だか、また新たな物欲が
出てきちゃいましたcoldsweats01

投稿: まったん | 2012/11/28 22:50

まったんさん

私も物欲を日々抑えるのが大変です(笑)
カタログだとか雑誌だとか見てしまうとどうしても
沸いてきますね。
皆さんのブログを見ていてもそう思ってしまいます。
しかしながら、身の丈に見合った選択をしないといけませんね(爆)

投稿: araita | 2012/11/29 08:48

こんにちは!

araitaさんのPrima君はどんどんバージョンアップしていきますねぇ~ヽ(゚◇゚ )ノ
やっぱり見た目もかっこいいから、良いものは良い!!!

普段から簡単なお掃除ぐらいしかしていないので、どうなっているのか見るのがコワイくらいかも・・・(^▽^;)アハハ

お嬢さんは作曲もされちゃうんですかぁ?!
才能豊かで将来が楽しみですねー(o^-')b

投稿: hitomi | 2012/11/29 10:38

hitomiさん

コメント有難うございます。
私も今回初めてBBに手を出してみました。やってみると
簡単だったので、これからは細目にメンテしてやろうかと思います。
BBを取り外すのは、ちょっと女性には力が足りないかも
しれませんね。
これについてはショップでメンテして戴いた方が宜しいかもですね。
娘は、何とか頑張って曲作りもやっておりますが、どうなんでしょうか(笑)
たまに頑張っているようですよ。

投稿: araita | 2012/11/29 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/56201852

この記事へのトラックバック一覧です: ULTEGRA FC-6570 コンパクトクランクに交換:

« 強風の中での110km完走、仲間が居なかったらDNFだったかも! | トップページ | 筑波山ヒルクライム&ダウンヒルを堪能、そして西光院へ! »