« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

2012/12/28

道祖神ダウンヒルと出雲大社常陸で年越大祓、復路はきつかった

震災の影響もあり吾国山からの八郷盆地の絶景を拝むことが出来ず、仕方なく道祖神峠に戻る羽目になった管理人araitaです。

Photo

国道50号方面へのダウンヒルしますが、路面ウエットの為、高速走行は出来ない。

リスクは回避しなければいけませんが・・・せっかく峠を越えてもこれでは、気持ち良さが半減。

まぁ~怪我をするよりはましか?

心の中で攻める気持ちを抑えながらのダウンヒルとなった。

2

標識を見上げると前方に石切山脈があるじゃないですか!

でも今回は行きませんよ~(笑)

午前中に帰宅すると約束しているものですから・・・残念(爆)

復路は国道50号を通り、筑西方面へ向かい、岩瀬からつくばを経由して帰るルート。

国道50号沿いには島根県の出雲大社のご分霊、出雲大社常陸がご鎮座しているので立ち寄ることにした。

3

ご分霊をご鎮座し、20周年の年周りとなるそうだ。

4

折角なので、年越大祓を執り行う(笑)

5

お祓いを受けて、新たに清らかな心身となって、新年を元気に迎えるためのもの。

復路の安全も祈願したのですが・・・その結果はどうでしょう?

大祓も終わり再び国道50号に戻り岩瀬からつくばを目指す。国道50号は車どおりが多いけど、路側帯が結構広いので走りやすい。

岩瀬からつくばまではほとんどが裏道みたいな環境の道路・・・田舎道ってこと!風情もあり気分良く走れる。

今回も帰りは筑波山口駅からリンリンロードに入る。

6

いつものポイントで筑波山をバックに撮影。

復路急がなきゃ!このペースならなんとかお昼までには到着出来そう。

しかし、この後悲劇?が襲い掛かることに。

リンリンロードから不動峠をバックに農道を突き進み、西大通りへ向かいます。そのあたりまでは順調だったのですが・・・脚に違和感が・・・筋肉が硬直し、繰り返しの痙攣に襲われてしまった。

仕方なくだましだましクランクを回しますが、両脚共に痙攣が・・・道祖神峠でのつけが回ってきたか?

この分じゃ明日は確実に筋肉痛に見舞われるでしょうね!

この痙攣を繰り返しながら走行し、やっとの思いで帰宅・・・時間は30分程オーバーしてしまった。

妻さんから一言・・・「お・そ・い!」

脚に来ちゃってたんだからしょうがねぇ~じゃね~かよぉ~!

と心の中でつぶやく・・・

走行会の参加に支障がでてしまうので、ここは我慢、我慢(爆)

ちょっと復路はきつかったけど、今年の走り納めになりそうだ!

今回のルートはこんなルート。

Photo

獲得標高が1,000mに及んでいないのにこのような状態では、貧脚としか言いようがありませんね(爆)

年内はメンテナンスに励みましょ!

でももう一日くらい走りたい気もするなぁ~・・・アルミバイクのPrimaで!

メンテナンスの為、CLX3.0は分解します・・・毎年恒例?!

まるで大人のプラモデルと云ったところ。

隅々まで掃除してやろうじゃないか・・・来年早々?1月5日に間に合わせなければいけませんからね。

年末年始は、組み付け作業をしますよ・・・特に帰省する訳でもなく、今年ものんびり正月を堪能します。

昨年はそういえば大晦日から元旦にかけて、東京ディズニーリゾートで遊んでいたっけ。

今年の年末は寒さもあって、自転車に乗るというよりも、やっぱりメンテに勤しむ!

備忘録として記事にもアップしますので、良かったら覗いてくださいね!

応援宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012/12/26

道祖神峠を越えれば絶景が見られるはずだ!

038

なんだかんだ言って・・・結局峠に直面!

道祖神峠です。距離はそんなにないはずなので・・・今年最後のヒルクライム?道祖神を制覇しに行きましょう。

前方に犬2匹見えますか?

今にも遅いかかって来そうな勢いで吠えまくっています。

ちょっと怖い(笑)

さっさと登ってしまいましょうかね(爆)

ここからは残念ながらヒルクライム中の画像は有りません。

常に10%を超える斜面での写真撮影は、今の私には出来ないのです・・・そんな余裕は持ち合わせていませんから~

039

と思いましたが・・・中間地点でフラットな道路に差し掛かりました。すかさず走りながらiPhoneを取出し片手で撮影・・・もう少しフラットな道路が長ければ良いのですが、突き当りを右に曲がれば、直ぐに12%程度の斜面が現れます。

ヒルクライムに没頭します。息があがる?・・・よりも今日はハムストリングがちょっときつい感じです。

先に進むと途中絶景を拝むことが出来ましたが・・・脚を付きたくないので、写真はお預けです(笑)

冬場のヒルクライムはいいですよ・・・直ぐに体が温まりますから(爆)

でも筋肉には良くないかも?・・・きっと明日は筋肉痛だ!

そして心拍は?・・・あまり上がらない!180程度でしたね・・・そりゃそうだよ、ゆっくりマイペースで登っているからね。

もっと自分をいじめないといけませんかね?

040

そんなことを考えながら登ってきましたが、とりあえず峠へ到着!

辺りを見回すと・・・この先にもう一つ山がある様です。散策路となっていますがしっかりと舗装されています。

表示看板には、絶景が見られると記載されています。それじゃ絶景を見に行かない訳にはいかないですよね。

もう一つ山・・・越えちゃいましょ!

少し行ったところで前方から伐採された木材を積んだトレーラーがこちらに向かってきます。

手を振ってくれてんのか・・・えっ、何で?

043

あれっ!

通行止めかよ。

そうだよね、手なんか振らないよね・・・通行止めだよ!っていう合図だったんですね(爆)

045

ここもやはり震災の影響があったようですね。

仕方なく、道祖神峠に戻ることに・・・残念ながら、今回頑張って登ったんですが絶景を堪能することは出来ませんでした。

道祖神峠へ引き返し、それからは国道50号方面へ快適なダウンヒルの開始です。

でも、道路はウエット状態でスリッピー・・・日が当たらずに凍結しているところもあるかもしれませんね。

快適ではなく、恐る恐るのダウンヒルにきっとなるでしょうね。

やっぱり、冬道の峠は危険が常に伴いますね・・・

安全なダウンヒルを祈りつつ、先へ進みます。

応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012/12/25

朝日トンネルを経由して道祖神峠へ!

12月23日は、早朝から開通した朝日峠に向かうことにしました。

行先は未定ですけど、とにかく前へ進むしかありません(笑)

午前6時前は、冬至が過ぎたとは言え、まだまだ真っ暗ですよ!

017

今日もCLX3.0で向かいます。

走り始めは、もっと風が冷たいかな?と思ったけど、結構気持ちが良い朝って感じで、まずまずのスタートです。

今日の朝食は軽くコンビニで調達・・・つくば駅を経由して、りんりんロードの藤沢駅まで向かいます。

020

朝食は午前6時半に、12km程度走った後、コンビニで戴く。やっと明るくなってきたかな?

りんりんロードの藤沢駅の裏側へルートを選択・・・裏つくば?

022

道路の状態は、このように所々ウエット!ダウンヒルは注意が必要ですね。藤沢駅をりんりんロードではなく、横断する方向で裏つくば?を目指します(笑)

023

前方に見えるのは、峠?いえいえ、ちょっとした高台ですよ。

この道を直進すると、開通した朝日トンネルに到着するはずです。

025

前方に見えるのが、朝日トンネル。開通して便利になりました(笑)土浦方面から、笠間及び石岡方面へは、今まで峠を越えていかなければ行けなかったのですが、このトンネルを抜ければあっという間に、裏つくばに抜けられます。

そうです、いちご団地に直面する道路にも出られ、あの激坂方面・・・フラワーパークを目指します。

027

トンネル初の走行ですが・・・やっぱりちょっと怖いですね!閉じ込められているような感じ・・・でも暖かかったですよ(爆)

028

トンネルを抜けて笠間側から記念に一枚。ここからプチダウンヒルですが、路面がウエットですので、十分注意して走行します。

とりあえず次の目標地点は、フラワーパークとしましょう。

いちご団地を抜けて、小さなアップダウンを繰り返し、一直線で進みます。するとあっという間にフラワーパークに到着です。

勿論時間が早いので、まだ開園前でした。

030

何故か筑波山が?気になります(笑)

032

筑波山の標識・・・こっちだよ~と云わんばかりに俺を誘う?

激坂か?いやいや今日は行かないぞ!距離を伸ばすんだぁ・・・坂は来年だ!

気持ちが揺るがない様にほとんど休憩せず、足早に先へ進みます。

035

裏からの筑波連山も綺麗ですね。

034

あれっ!激坂は・・・だ・か・ら、今度だよ~。今日は峠には行かないよ・・・距離を重視するんだから。

036

とにかく笠間方面へまっしぐら!

でも、前方には山が・・・結局ヒルクライムか?右に曲がるか、それとも左折するか?

・・・どうする?

037

もしかしたらあれって・・・道祖神峠の入り口じゃね?

確か斜度はすべて10%を超えていたと・・・距離は短いけど、そこそこ練習にはなるよ!

と聞いたことがある。

で、どうするんだよ!

ここまで来たら行くしかないだろ、道祖神。

応援宜しくお願いします。


にほんブログ村

次回へ続く。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/12/24

ジュニアオリジナルコンサート2012

12月22日の土曜日は、娘の今年最後の演奏会、ジュニアオリジナルコンサートに行ってきました。

001

場所はきらく山ふれあいの里のホール。

第2部の23番目の演奏です。

このジュニアオリジナルコンサートは、小さな音楽家達が自らの気持ちや思い、日ごろ感じていること等・・・創作、作曲し演奏します。

毎年、小さな音楽家達に心の癒しをもらっています。

娘は今回、常に目標にさせて戴いている一学年先輩の小学校5年生の女の子、Mちゃんに共演をお願いし、演奏することになりました。

曲は、ビューティフルレインボー。その名のとおり、雨上がりの空にかかった七色の虹をイメージした曲。

空いっぱいに広がる七色の虹を見た時の感動をこの曲に表現したんだとか(笑)

いよいよ、演奏開始・・・とにかく二人で思いっきり楽しんで演奏してね。

Photo

Mちゃんがピアノ、娘がエレクトーンでのアンサンブル。

Photo_2

二人の意気もぴったり、楽しく演奏出来たね(爆)

楽器が演奏出来るって、良いですね。残念ながら私は弾けませんが(悲)

今回も心が癒されました。

演奏終了後は、いつもお世話になっている先生方との談笑と共に勿論、演奏の評価とアドバイスを戴きます。

少しづつですが、成長しているようです。

Photo_3

創作の先生と一緒に記念撮影。

Photo_4

担当講師のT先生と記念撮影。

今回のようなアンサンブル・・・機会があったらまた聴かせてもらいたいです。

Kuturogi

演奏後の寛ぐふたり・・・お疲れさまでした。

明日が今年最後の走り納めかな・・・何処行こう?(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012/12/17

CLX3.0での基本ポジション設定を行った!

Erekuton

場所はエレクトーンシティー渋谷、3階メインスタジオ。

この演奏会は、エレクトーンのイベントでファイナル常連の生徒さん達のパワフル溢れる演奏が堪能でき、音楽の楽しさをことごとく伝えてくれる素晴らしいものでした!

演奏を聴いた娘達も更なるモチベーションアップに繋がった?ことでしょう。

13時開演で1時間30分程度の演奏会・・・今までとは違った別世界を堪能、そして感動を与えてもらいました!

それよりも面白い出来事?・・・があったので、備忘録としてUPしておきます!

開演までに余裕があり、時間を持て余してしまった娘達二人は、渋谷駅西口にある楽器屋さん(MUSIC LAND KEYさん)に向かう。

すると、二人して電子ピアノを前に(一台ずつ)アンサンブル演奏をを始めてしまったんですねぇ~(爆)

今月、作曲のイベントで演奏する曲の練習として、演奏を始めてしまった訳でして・・・楽器屋さんのBGM化?みたいな・・・

店員さんも、何だ何だ!と云うことで立ち止まって覗き込む羽目に・・・そしてしばし談笑?

「この曲、なんという曲ですか?」

「娘の創作なんですけどね!!!」

「え~っ、そうなんですか!」

店員さんもジャズギターから最近はピアノを始めたらしく、なかなか上達しなくて苦労されているとのこと。

「小学生が、いとも簡単にピアノでアンサンブル出来てしまうなんていいですね」

なんて・・・

こんな話をしながら、30分ほど彼女達は曲を通しで演奏させてもらうことに(笑)

本当に有難うございました。

このまま退出する訳にもいかないので、KEYさんで、ミニチュアハーモニカのキーホルダーを記念(←何の記念だか?悪行三昧・・・)に2つ購入させて戴きました(爆)

MUSIC LAND KEYさん、ご迷惑おかけしまして、申し訳ありませんでした。

・・・と云うような滑稽な16日の日曜日でした。

そして、ここからが本題・・・です。

管理人araitaのポジションを出すための基本的な数値は以下の通り。

①股下寸法=860mmから数値×0.875以下によりサドル高(BB中心からサドル上端まで)は、750mm。

最近、30mm程・・・脚が延びた様です(爆)

②サドルからハンドルまでの距離(サドル先端からハンドル中心まで)は、540~560mmの範囲。

③サドル後退幅(BB中心からサドル先端まで)は、65~72mmの範囲で調整しますが、膝とペダル軸の関係から合わせるのが一番良いのでそれを優先する(爆)

ペダル軸から膝がクランクを水平にした時に前に出てしまう様ではいけない!

結局、サドル高とサドル前後位置を設定した後、ハンドルまでの距離を合わせることに集中する。

ここでジオメトリーの登場・・・

Photo

Photo_2

サイズは、50Sなのでホリゾンタル換算でのトップチューブ長のOは540mm。

どういうことかと云うと、シートポストからのサドル先端までの距離とハンドルステムの長さを同じに設定すれば、自然にサドルからハンドルまでの距離が確保できる。

見た目も判りやすい!

このサドルからハンドルまでの距離が一番拘りたいところ。遠すぎても、近すぎてもいけない。

これを基本に、走りながら少しずついじっていく・・・数ミリ変えるだけで結構違う。

最適ポジションを得るのには、少々時間を要します。

最終的には、ハンドルステムを交換して、長さを変える必要も出てくるし・・・

じっくり行きましょうよ、じっくりとね。プロライダーのステム長は120mmを使用している選手が統計上は多いようだ。

でも最適ポジションとは、いったい何を指すのでしょう?

ロングライドとレースではまた違うんでしょうね!

私の場合、基本レースではなく、ロングライドを楽しみたいので、長~く乗車していて一番疲れない、楽な乗車体勢を最適であると位置付けるしかない(爆)

皆さんは、どうなんでしょう?

まぁ、十人十色と云うことで!

サドル高さを750mm、膝とペダル軸の関係からサドル位置を合わせて、ハンドルまでの距離を540mm取れているかどうか確認する。

007

ハンドル中心から・・・

001

サドル先端まで、ほぼ540mm確保出来たようだ。

とりあえずポジション出し・・・完了!

これで当分の間、乗り続けます。後はハンドルが近いと感じられるようになったら、ステムを交換すれば良い。

ちなみの現在のステム長は100mmなので、新たに購入するのであれば、120mmが一番良いようだ。

いずれにしても随分先の話(笑)

週末の天気に期待したい・・・年内に何とか後、500kmは最低走行したい・・・応援宜しくお願いします。


にほんブログ村

そういえば、新春ライドやりたいですね!どのあたりを走行するのがベストでしょうかね!

最適ルートをお持ちの方、ご指導戴けると助かります。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012/12/15

千変万化の筑波山を見る予定だったんですが!

007

千変万化の筑波山「まち」「さと」周遊ルート・・・走行距離は150km強、というところかな。

15日の土曜日に単独走行で行ってみようかなと思っていたところなんですが、予報どおり明け方まで雨で、路面は完全なるウエット状態(悲)

今後の天気の動向は・・・午後からまた雨の予報!

行くかどうするか迷ったけど、ドロドロに汚れても明日は走れない。

じゃぁ、行くしかないでしょ。さっと準備して午前中だけの走行を決め筑波山方面へ向かう。天候も悪く、残念ながら筑波山の千変万化を眺める状況でもないので、ひたすら走りに専念(笑)

iPhone用のマウントを付けたので、プレイヤーで音楽をONにしての走行。周辺にもサウンドが響き渡りますが、ご勘弁を(笑)

西大通りからつくば市へ・・・そして北条からつくば道を横目にりんりんロードでまずは、筑波山口駅へ!

004

筑波山の写真は今日はここだけ(爆)

他でも見れたことは見れたけど、分厚い雲で覆われていたことと山頂付近は、多分霧雨状態だったと思われ、視界も遮られていて、とても寒そう。

午前中の雨に降られる前にということで、真壁の町並みを抜けて筑西方面から小貝川CRに入って復路とすることに決めた。

りんりんロードの真壁駅。

009

時頼、日差しが射す事もあったが、やはり天気が悪い為、他のローディーと会うことはなかった。

小貝川の前に五行川を超える木製橋で記念に一枚・・・なんとか天気持ちそうだ(笑)

016

下館方面から小貝川CR、丁度60km地点かぁ~このまま小貝川CRだと午前中ではちょっと厳しいと思いつつもそのまま直進。

011

このエリアは、初の走行だ!路面に車止めも所々あるが、それ以外に道路面にキャッツアイがいくつも並べられていて、ちょっと走行しにくかった(笑)

避けた瞬間、ちょっとよろけた時もあったしね(爆)

下妻辺りの小貝川CRは、両岸共に工事中で通行止め・・・一般道でつくば方面へ向かう。

距離は稼げないけどこれで雨にも降られることなく帰宅できそうだ。

だんだんと雲も分厚くなってきて、そろそろ雨が降り出す様な気配・・・気温も低くなってきて100km近く走行しているのに、手足の指先は冷たかった。

ランチは体が温まるものが良いと思い・・・うどんか?蕎麦か?それともラ-メンかな。雲行きが非常に危なそうなので、我が家の近くまで我慢して、雨に降られることなく、国道6号線沿いにある家系ラーメンのやまとやに到着。

地球ロックでデポして、正午に入店。御一人様なのでカウンターでやまとラーメンの醤油味を注文。

019

スープと油は普通で、麺は硬めでお願いして、熱々ラーメンを戴いた。好き嫌いあるけどここのスープはどちらかというと濃いめかな?

個人的には好きな味!

食べ終わって外に出てみると・・・丁度霧雨。急いで帰宅するも、やっぱり走った後は、甘いものも必要。

コンビニでゲットして無事帰宅。

020

ロールケーキとエクレア両方とも戴いた(爆)

今日の走行もなんとか100km超え、ちょっと物足りなさ感があるけど雨に降られるよりましかな?

Photo

甘いものはいいよなぁ~、だって疲れがとれるもの・・・応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/12/12

CLXの試走は、結局100km超えライドとなりました!

さて、今日の記事は前回の続編です。

CLXの試走を兼ねた江戸川CRを経由して関宿城を目指すライド・・・ところが順調だったこともあり、渡良瀬遊水池まで脚を運ぶことになりました(笑)

ただのオヤジさんは、一瞬えっ!って思ったようですけど(爆)

若手ではあるけど、ロードバイクに初めて乗るO君がどこまで無事についてこれるのか?

それも見ものですよ!

それでは続編の始まりです・・・

流山橋をT.Aさん先頭に部下のO君に続いて私、そしてただのオヤジさんの順でスタートして利根河口公園口へ向かいました。

そしてTomyさんが、どこかで到着を見ていたかのようにGoodタイミングで合流!おはようございます、今日も宜しくお願いしますね。

目的地の関宿城を目指しますが、途中でトイレ休憩の為コンビニに立ち寄ります。地元のO君が道案内してくれているようです。

タクシードライバーの方でしょうか?バイクを止めたところで、声を掛けられました。

「このバイクってどの位の重さなの?」

「8.5kg位ですかね・・・ライトだとか、備品を付けているのでもう少しありますけど!」

「えっ、そんなに軽いんだぁ~」

「今日はどちらまで?」

「関宿城の予定ですけど、時間に余裕があれば渡良瀬遊水池まで行こうかと?」

「えっ、渡良瀬ってあの・・・渡良瀬だよね!70km位あるんじゃないの?」

「一日時間があれば、200km位は走っちゃいますから!」

「えっ~・・・そうなの!」

と呆れ顔で、ビックリ?普通じゃ考えられない!位な気持ちだったでしょうかね。それでも快く見送って戴きました(爆)

江戸川CRを順調に25km/hから30km/hのペースで進みます。前回のような強風に悩まされることもなく、若干追い風基調ですか?帰りが心配ですけど、ガンガン前へ進みます。

ロードバイク初心者(←初乗りですよ)のO君もしっかりとした足取りで(ちょっとがに股系)クランクを回し、T.Aさんに離されることなく猛追状態でしたので、あっという間に目的地の関宿城に到着してしまいました。

仲間と一緒に走ると目的地に到着するのは早いですね!剛脚になったような気がしますよ(爆)

今日も各方面からサイクリスト達がこの関宿城に集結しておりました。

その中でも特に目立つのが、このバイク!

デコレーションリカンベント!

そうです、笑顔を届けるデコリカのMOMOさんご夫婦と遭遇しました(爆)

ハロウィンの時期は、このような装いでした。が・・・

Photo

12月と云うことで勿論クリスマスバージョンでしたね。

MOMOさんとお話をさせて戴きましたけど、今まで自転車には全く興味がなかったそうですよ。

しかし、本日乗っているこの三輪車に出会ってから、嵌ってしまい、デコリカに行きついてしまった様です。

もう、前へ進むしかありませんよ!とのことでした。

2

本当に楽しすぎ!

5

シフトレバーはスラムで組まれていましたね。何台でも後続できるようです。三輪車の場合は、片側車輪だけ稼働させられる機構も備わっているとのこと。

6

何故だか?アンパンマンの仲間もご一緒でしたね(爆)

7

いつも笑顔で、ありがとうございます。

MOMOさん達とはこちらでお別れしますが、新年早々は、どの様な出で立ちとなっているでしょうかね?

奥様の方が悩んでおられました。

次なる目的地ですが?あれ、今日は関宿城が目的では・・・まだまだ時間に余裕が!

と云うことで、もう少し行っちゃいましょうかぁ~・・・渡良瀬遊水池!ハートマークの谷中湖まで。

全員承諾?して、渡良瀬へ向かいます。

ただのオヤジさんがそこで一言!

「なんかお昼、美味しいもの戴ける所でもあるんですかね?」

T.Aさんが、すかさず返します。

「佐野まで行けば、佐野ラーメンっていうのもありですかね!」

この時点で佐野まで向かう覚悟を決めていたのは私だけでしょうか~?

結局無理することなく、谷中湖へ向かい遊水池内の道路を経由、道の駅北川辺で食事をとるのが無難かな!と云うことになりました(爆)

8

ここ谷中湖までも順調で、トラブルもなく快適な走行が楽しめました。

遊水池内の道路では、気の向くままに皆さんアタックしておりましたが、ハート形のど真ん中を切り裂くように突き進み、半周するようなルートで廻ります。

T.Aさんは、やっぱり早いですね。こちらは心臓バクバクで付いて行くのがやっとでしたよ。

部下のO君も頑張って喰らい付いて来ていましたが、途中でさ~っと追い抜かせて戴きましたよ!これで上司の威厳も確保できたことでしょう(爆)

彼も徐々に疲れが溜まってきているようです。でも仕方がありません・・・ペダルもノーマルですから!そのあたりは若さでカバーしてもらいましょう(笑)

そして、後続のTomyさんとただのオヤジさんも合流して、無事に道の駅北川辺に到着です。

ここも大勢のサイクリストが集結していました。バイクラックも満車状態。

10

食事何処も結構な混み合いでしたが、まだ正午前であったことも幸いして、席を何とか確保できました。

私は、ビッグな!とんかつ定食を注文しました。

11

これで復路のパワーもバッチリ充電ですよ(笑)

ここでも自転車談義に花が咲きますねぇ~

本当に他人の自転車をながめているだけで、楽しい気分になってくるのは何故なんでしょうか?自転車バカってことでしょうかね。

皆でまったりした時間を過ごし、復路の準備が整いました。復路は少し風にやられるかな?そんな心配をしながらもスタートです。

往路と同じルートを引き返します。

12

T.Aさんに牽いてもらい、O君が続きます。

13

私の後ろからは、Tomyさんとただのオヤジさんが、猛追です(笑)

前方を行くO君ですが、徐々に体が微妙に反応?クランクの回転が思うようにいかない様ですよ。

きっとお尻が痛いでしょう、肩にも違和感が出ていることでしょう、今日初めて乗車するロードバイク・・・

ショップで組んでもらったままのバイクでの初走行・・・それも100km超えを初日から経験している訳ですから、体にきますよね~。

でも走行環境整っていて、羨ましぃ~!

「大丈夫か?」と声を掛けてやります。

イナジイさん曰く、間違いなく頑張っているから、簡単に声を掛けてはいけない!と云う説もありますが・・・

彼の返事は・・・大丈夫です!でした。

そんなことを繰り返し、横風に煽られながらも、再び関宿城に無事帰還。

14

復路においても数名のサイクリストで賑わっていましたよ(笑)

MOMOさんは?勿論居ませんでした。

ここでバイクを並べて記念に写真を撮っておきました。

15

実はこの画像には納まっていませんが、数名の親父達?と一人の若者がこの被写体に向かう滑稽な?姿を目の当たりにしてしまいました。

バイクより・・・親父達の方が、ネタになる!

本当に皆さん、自転車が好きなんですねぇ~(爆)

さぁ、この後はスタート地点の流山橋を目指すのみ…Tomyさんとは、往路合流地点と同じ場所でお別れしました。ここまでの走行距離は、約120km。

今日も楽しいライドとなりました、お疲れ様でした。

流山橋まで、最後のひと踏ん張りのところで、やっぱりだ・・・やっぱりT.Aさんが先を急ぎます(笑)

でも実は、この前にただのオヤジさんがアタックを掛けてきていたんですよ(笑)

O君も頑張って付いて行こうとしますが、既に脚が売り切れ状態に近いようです。

今回は、イナジイさんの説に従い声を掛けずにサーッと・・・サーッと追い抜き千切ってやりました(爆)

でも大したやつですよO君は、初のロードバイクで、それもノーマルペダルでここまで追走してきた訳ですから。

あと数か月もしたら、きっとこちらが千切られることになるでしょうね。

そして、15時ごろだったでしょうか、無事に流山橋に到着しました。

皆さんいい顔してましたよ(笑)

本日の走行距離は、準備走行も含め私は、155kmの走行距離となりました。今年の目標距離をクリアするためには、まだまだ努力が必要です!

本日ご一緒させて戴いた、T.Aさん、ただのオヤジさん、Tomyさん、有難うございました。また近いうちにご一緒しましょう、宜しくお願いします。

さて、次の日のこと・・・

職場で昨日のライドの感想を聞いてみたところ・・・

「最後は、限界でした、脚は売り切れ状態で、お尻も激痛。自分よりも倍の?年(←失礼な)の親父達に負けるなんて・・・ショックです!」

こんな言い方は、決してしておりませんが、伝わりやすいでしょうから、簡潔に書かせて戴きました(爆)

O君よ、そうだろう、そうだろう!悔しいだろう…これをばねにしてもっと精進したまえ。

T.Aさん、ただのオヤジさん、Tomyさん、こそ連、こそトレ!しておいてくださいねぇ~

あっという間に追い抜かれてしまいますから、宜しくです。

O君にとっては今回も決して忘れることが出来ないライドとなりました(笑)

最後まで御付き合い戴き、有難うございました。ポチッと応援宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012/12/10

コルナゴCLX3.0の推進力に期待して・・・CR早朝試走!

12月9日の日曜日、皆さんと本日もご一緒させて戴きます。

T.Aさん、ただのオヤジさん、Tomyさんと私の部下のO君・・・5名で江戸川CRを40km/h巡航で?今日も走る予定です(爆)

江戸川CRにかかる流山橋千葉県側、午前8時に集合です。

今日は、1月上旬の気温となり、かなり冷え込む様子。

家を出て国道6号線の電光掲示板の表示を確認すると氷点下4℃の表示(う~さぶっ)・・・風が吹かないことを祈りましょう(笑)

この時期でなければ、集合場所に自走するのですが気温も低いし、辺りはまだまだ真っ暗。

車載して集合場所近くの流山市総合運動公園の駐車場に向かいデポします。到着したのは午前6時30分、辺りも日の出と共に明るくなり、今日も良い天気になりそうです。

ここから集合場所までは、10分程度でまだ早すぎますが、CLXの初走行と云うこともあり、早めに江戸川CRへ行っての試走(約1時間程度)です。

2

走行前の自分の中での印象はと云うと、推進力はあるものの他のメーカーと比べるとカーボンフレームとは言え固め・・・まぁ~それがコルナゴ!

こんな印象でしたが(笑)

さぁ、漕ぎ出します・・・スーッ・・・お~・・・何が言いたいんだか!

確かに軽くてスーッと前に進む、これが第一印象(初めてロードバイクに乗った印象みたいなもんですよ)

前へ軽く、さーっと進む、その推進力が期待できそうです。

少しガシガシ漕いでみよ~(速度40km/オーバー時点)

なかなか良いではないかぁ~と云うか

こっちの方が良いなぁ~・・・楽だし、安定感がありますよ・・・そんな感じ。

高速域の方が安定した走りが出来そうですね・・・でも私の巡航速度は低速域(笑)

頑張りましょう。

フレームのしなやかさと云うか硬さはどうか?・・・結構固いですね!カーボンと云えどもしっかりしている。

予想通りと云えばその通りなんですが、空気圧低めの対応でOKですね。

本日の空気圧は、前輪が7.5で後輪が8.0bar・・・もう少し押さえて、次回からは前輪が7.0を少し超えるくらい、後輪は7.5bar程度で良いでしょう。

ポジション取りもなかなか楽に乗れています・・・サイズ一つ落としておいて良かったよ!

ショップでの試乗インプレみたいな感覚での紹介となりましたが、ホイールはマヴィックキシリウムエリート、装着タイヤも同メーカーのイクシオングリップリンクとパワーリンクです。

後はロングを数回こなしてから報告させていただきますね!

今日も江戸川CRからは、スカイツリーがしっかりと確認できましたぁ~。

5

サドル先端の上部にニョキッ!てあるのがスカイツリーですよ(爆)

さぁ、集合場所へ急ぎます。

午前7時45分、到着一番乗りでした。続いて部下のO君、ただのオヤジさんの順で到着します。

最後にT.Aさんが来られて4人が勢ぞろい・・・Tomyさんはこの先の運河河口公園で合流です。

ここで、本日一緒に走行される皆さんのバイクを紹介しておきます。途中関宿城で休憩した時の写真ですけどね(笑)

Photo

まずは、T.Aさんのトレック マドン!

カーボン地にクリアー塗装で仕上げ、グレー色で統一したこのバイク、まさにプロジェクトワンな男のバイクって感じがしますね。

見ているだけで酒の肴になりますよ。

Photo_2

次はただのオヤジさんのインターマックス コッピ!

前回の走行会時にも思いましたが、非常に鮮やかなブルーが印象的なアルミバイク。自ら組み上げた愛着のある一台です。

しかし・・・物欲が納まらずに、カーボンバイクの購入に気持ちが揺らいでいるご様子(笑)

Photo_3

3台目は、Tomyさんのジャイアント TCR!

非常に軽量で、それに一目ぼれしてしまったとか・・・ホワイトカラーをベースに所々レッドカラーでデザインされたこのバイクにも目を引かれます。

スプロケ等、新調される予定とのことでした。

Photo_4

4台目は、部下O君のクウォータ カルマ レース!

2日前に納車したばかりのNEWバイク、重量も軽くロングライドやレースにも力を発揮してくれることに・・・初めからカーボンとは羨ましぃ~。

ペダルは慣れたら・・・ビンディング化ですね。

Photo_5

最後はMyバイク、コルナゴCLX3.0!

パールホワイトカラーに文字はブラックデザイン、所々にレッドをポイントに取り入れたジルコ加工されたフレームはなかなか見ごたえがあります。

前へ進む推進力と剛性を充分持ち合わせたカーボンバイク、今後の走りに期待します。

今日はこの5名、5台で江戸川CRを駆け巡り、渡良瀬遊水地の谷中湖へ向かうことになります。

えっ、どんな走行になったかって・・・

部下のO君には、またまた忘れることの出来ないライドとなったようですよ(爆)

走行記事はまた後日。

ポチッと応援、宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012/12/08

コルナゴCLX3.0・・・いよいよデビューです!

CLX3.0はこんな感じに組み上がりました。

Jpg

ついでにもう一台の相棒・・・プリマも一部デフォルト化。

Photo

ヘッドチューブ

Jpg_2

フロントフォークはコルナゴの拘り・・・曲げたりはしない、一直線。

今回チョイスしたフレームのサイズは、相棒プリマよりも一つサイズを下げました。プリマを購入した時は、サイズ52と50で迷ったのですが、52を選択し、今まで走行を続けてきましたが、やっぱり少し大きい!

私の体に適しているサイズは、トップチューブ長(ホリゾンタル換算で)540mmであるという結論を出しました。

したがってCLX3.0のサイズは、50です。計測してもらって、どちらのサイズでも当てはまります・・・と云うことになった場合は、下のサイズを選択する・・・これってやはり鉄則ですね。

Jpg_3

ダウンチューブとトップチューブは、変形のジルコ加工がされていて、独特な形状になっています・・・この写真では伝わりませんね、申し訳ありません。

Jpg_4

シートステーは、しなやかな湾曲で、イタリア国旗をモチーフとしたデザインが施されております。

ホイールはタイヤごとプリマから移植して、マヴィックのキシリウムエリートをそのまま装着です。

Jpg_5

ハンドル及びハンドルステムは、デダのホワイトカラー、バーテープは3Tを使用してみました。

ホワイトカラーが基調ですが、部分的にレッドが使われています。

Jpg_6

チューブバルブキャップをレッドとして、アクセントをつけてみる。

Jpg_7

プリマのサイコンは、以前使用していたキャッアイのものに戻し・・・

Jpg_8

タイヤもデフォルト化・・・チューブバルブは、こちらはブラックに!

Jpg_9

プリマのホイールをデフォルト化したので、ロングはあまり走らないにしても、パンクの頻度は増える可能性が・・・よって装着ポンプは、空気の入れやすいトピークのミニモーフにしています。

こちらはボトルケージ、一つでいいでしょ(笑)

CLX3.0のボトルケージはまだ届いていないので、それまではプリマで愛用していたものを仮装着しておきます。

こんな感じに仕上がりました。

2

現在娘の部屋に仮置き中・・・部屋が汚くて申し訳ございません(爆)

それでは、試走・・・行ってまいります。

最後まで御付き合い頂き有難うございました。ポチッと応援して戴けると嬉しいです。


にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/12/06

コルナゴ、ピナレロそして次はデローザか!

マウンテンバイクで強風ライド100km走行を経験したO君・・・私の部下ですが、皆様に近況報告いたします。

O君・・・

ロードバイクの世界へようこそ!

そうなんです、S君に引き続きO君までが・・・

ロードバイクの購入に・・・

踏み切ってしまったんですよ!!!

見事、カーボンバイクを購入してしまいました(笑)

私の部下・・・やるじゃないかぁ~

勿論、ロードバイク購入にさしあたり強要、パワハラなんぞしてやしませんよ!

私は本当にやさしい理解のある、仕事も遊びも常に一生懸命、遊びでも部下の面倒を見る上司ですから???(←本当かぁ~)

これからは見てもらわなければいけませんねぇ~(爆)

それで・・・

結局バイクは何を購入したんでしょうか?

コルナゴ、ピナレロと来てしまったら・・・お次は・・・デローザぁ~か?

と聞きましたらね・・・

O君が購入したバイクは、こちらです↓

Photo

KUOTA KHARMA  カーボンコンポジットフレーム 2012年仕様

クラスを越えた高性能で世界的に高評価を獲得しているこのKHARMA。

きっとレースからロングライドまであらゆるライディングシーンで卓越した性能を発揮してくれることになるでしょう。

納車が待ち遠しい!・・・O君は言っておりました。

また一人の若者がロードバイクの世界に一歩足を踏み入れることになりました。

楽しみです。

新春走行会でも開きましょうかね?一緒にライドして戴ける方!募集致します(笑)

今週末に、T.Aさんとただのオヤジさんとのコラボ走行が予定されておりますので、そこでも話題にさせて戴きたいと思います。

前回の走行会では、私たちが待ちぼうけ状態でしたが、体力のある彼ら若手がカーボンロードバイクにまたがったらどうなるでしょうかね?

もしかしたら、私達がちょっと待ってくれよ~、早すぎるよ~・・・なんてことになってしまうかもしれませんよ(爆)

いやいや、そんな訳ないだろ~経験で勝負してやるぜ!世の中そんな甘いもんじゃありませんよ!

という方、是非ご一緒戴けたら嬉しいです。

話は変わって、CLXの組み付け状況ですが、ほぼ完了しました。

Jpg

後はディレイラーの調整を少々すればOK!

しかし、このディレイラー・・・特にフロントって微妙なんですよね、この調整あまり好きではありません。

走行に支障のないようにだけしておくことにします(爆)

あとこれだけメンバーが集まれば、オリジナルジャージも考えたいですね、まずは部下に若者の柔らかい頭で素案を作成させることに致しましょう。

こちらも賛同される方・・・後々募集致します。

それでは、ポチッと応援、宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/12/05

ロードバイク!メンテの行き届いた愛車にする為に組付け中です。

先日お伝えしたとおり、中古ですがカーボンフレームが届きました。

コルナゴCLX3.0。

2012年仕様のパールホワイトカラー。

中古と云えども・・・フレームに全く傷がなく、新品同様と云っても過言ではありません。

Dsc_5557

妻さんもこのフレームを見て、本当に中古なの?と疑う始末!

うれしい悲鳴を上げることが出来ました(笑)

シートポストは異形な流線型なので、フレームに付随しております。

その他、フレームがパールホワイトカラーと云うこともあり、ハンドル&ステムもデダのホワイトカラー(勿論中古!)

Dsc_5561

それ以外は、現在の愛車から移植して組み付けることになります。

只今、少しづつ組み付け中です。

Dsc_5549

愛車から後輪のキリリウムエリートを付け替えたところ。

イタリアカラーもデザインとして健在です。

Dsc_5544

今週中に組み付け完了予定、週末には試走が出来るといいのですが・・・

現在の相棒も同時にその装いを新たに(部分的にデフォ戻し)していることもあり、ロードバイクは乗るだけではなく、自分の手で誕生させてやるという意味でも、この組み付け作業もまた楽しいものですね。

愛着が湧きますよ(笑)

今回手配したパーツは全てが中古!でも送られてきたものを確認すると気になる傷なんてほとんどありませんでした。

保管状態が良いということに尽きるのですが、皆さん自分のロードバイクを大切に扱っているんだなと!

私も今以上に自分を常に行きたいところに運んでくれるこのバイク達を大事にし、メンテの行き届いた1台に仕上げてやりたいと思います。

来週からは、プリマとCLX3.0・・・新たな世界が広がりそうです。

ポチッと応援、宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012/12/03

ロードバイク高速ダウンヒルと峰寺山西光院の眺望は最高だった!

ishitakaさんとtawagotoさんと不動、風返し峠を経由して、無事につつじヶ丘で空腹を癒し、湯袋峠までの高速ダウンヒルを堪能します。

風返し峠までは、観光客による車両で渋滞中ということもあり、慎重にロードバイクを走らせました。

また、tawagotoさんがタイムのクリートペダルのピンが片側紛失してしまったこともあり完全にペダルに固定されない模様・・・

tawagotoさん、大丈夫ですか?何とか嵌っているから大丈夫!

それでは、遠慮なく行かせてもらいましょう。

Kazekaeshi

ここが風返し峠の分岐点。

写真で云うと一番左側の道路で湯袋峠まで高速ダウンヒルを開始します。

筑波山神社とは裏側の一般道ですが、こちら側はつつじヶ丘を目指す車もほとんどなく、あたかも我々の高速ダウンヒルを行うために用意されたといって良いほど快適な道路環境となっていました。

ヘアピンカーブも少なく、道幅もそれなりに確保されており、軽快に高速でバイクを走らせます。

気持ちがいいですね~・・・ちょっと寒いですけど(笑)

勿論、高速ダウンヒルの為掲載できる写真は撮影できませんが、tawagotoさん、ishitakaさんも私に続き高速で攻めまくっています。

つくばのダウンヒルの中でも、風返し峠から湯袋峠までのこのルートが私好み!tawagotoさんとishitakaさんは、どうだったでしょうか?

三人そろって湯袋峠へ到着です。

Yubukuro

冬場のダウンヒルは、ウインドブレーカーを着こんでいても、かなり冷たく感じます。それじゃぁ~再び体を温めるしかありませんね(笑)

湯袋峠を越えて、少し行ったところで右にルートを移します。

足尾山、きのこ山方面に向かい、上曽峠を目指します。このルートは、結構勾配があります。

そしてあまり日も当たらないこともあり、所々アスファルトの道路面に苔が生えているのでスリッピー!

皆さん注意してくださいね。

「良くこんな道路、知っていますね?」とtawagotoさん!会話が出来る程度で登り、ヒルクライムを堪能している様子。

ishitakaさんも頑張っておりますよ・・・私は相変わらず、心臓バクバクで登っています(爆)

楽しく会話をしながら登りますが、結構きつい!斜度10%がところどころ繰り返しでやってくるこの林道、なぜ来てしまったのか?

そんなことも考えながら、クランクを回し続けます。この上曽峠を越えれば、峰寺山西光院の眺望が拝めるはず・・・頑張って登るしかありません。

ヒ~ヒ~、ハァ~ハァ~言いながら、やっとの思いで上曽峠を越えて県道7号線、石岡筑西線に突入です。少し下ってすぐに右手に入り、ここでも軽めのヒルクライム(笑)

なかなか楽しいですよ・・・きついですけど!

やっとの思いで到着しました峰寺山西光院。ここからは自転車を持ち込むことが出来ませんので駐車場脇に3台デポしました。

Nisikouinn

西光院入口

Sanndou2

Sanndou1

参道を経由して参拝に向かいます。目的は景色を堪能することではなく、安全祈願です。ついでにその眺望も堪能するだけです。

Sudaji

スダジイも大木

Kusunoki

クスノキ

Tyoubou1

いい眺めでしょ(笑)

Tyoubou2

とにかく言葉は、いりません。

Photo

祈願を済ませてから、眺望にうっとりしているtawagotoさんとishitakaさんです。

Ishitaka

無事に完走できますように、ishitakaさんの熱意が伝わってほしいです。

さぁ、後はゴールを目指してガシガシ走りましょう。再度プチヒルクライムを堪能し、県道7号線に出て、気持ちの良い高速ダウンヒルを再開します。湯袋までのダウンヒルも良いけど、八郷までの7号線ダウンヒルもなかなかのもの、距離も結構あるし楽しめました。

後は国道355号線を通って石岡市を経由、途中で珈琲ブレイクといきたかったところですが、残念ながら気の利いたお店が見つからず、コンビニでブレイク!ここでも今後の自転車活動に向けた自転車談義に花が咲きましたね!

楽しい時間はあっという間に過ぎ、一日照らしてくれた太陽も静かに身を潜めようとしています。

Yuuhi

この夕日を眺めながら最後の力を振り絞り、一般道でのアップダウンの繰り返し・・・最後になると結構堪えるね!

本日も105kmを無事に完走、獲得標高も1,000mを超えました。私達にしてみれば上出来でしょう。

最後に行方バーガーを記念に食べようと思ったのですが、残念・・・本日の業務は終了との事、次回のお楽しみですね。

ishitakaさん、tawagotoさん、お疲れ様でした。また是非ご一緒しましょう。次は平地走行を主にロングライドをいたしましょうかね(笑)

本日残念ながら参加出来なかったTomyさん、またの機会に宜しくお願いします。

皆さんまたご一緒致しましょう。

最後まで御付き合い有難うございます。宜しければポチッと応援お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012/12/01

ロードバイクの世界にようこそ!部下の決断は、早かった~(笑)

11月26日の月曜日の話になりますが、前日の筑波山ヒルクライム走行を終え、いつものように出社。

先日走行会を共にした部下のS君に、「君の分まで昨日はヒルクライムとダウンヒルを満喫してきたよ~」と伝えたところ・・・

「実は昨日、ロードバイクを購入しまして・・・」

「えっ、何~!」

その言葉を聞いて、うれしい反面、びっくり!

席に座って業務をするかと云えば、業務そっちのけで自転車談義となりました。

「それで、何を購入したの?カーボン?」

S君は、にやにやしながら・・・

「はい、カーボンで・・・ピナレロ クアトロのカーボンレッドにしました!」

てっきり、クロスバイクと同じビアンキにでもするのかと思っていました・・・

あの強風の中、ビアンキ乗りのishitakaさんに守られ、走行中もロードを買うならやっぱりビアンキだ!と感化し続けていたのに・・・・

ishitakaさん、完全に裏切られましたね(笑)

その辺のことは、よ~く言って聞かせておきますから、お許し願います。

と云うことで・・・

早速ピナレロのオフィシャルページで検索し、そのバイクを確かめちゃいました(笑)

「こっ、これかぁ~。かっこ良いなぁ~」

Photo

712 Carbon Red

ピナレロ独自のアシンメトリック・デザイン、上位機種の性能を受け継ぐ設計を与えられたクラスを超えるハイパフォーマンスモデル・・・

ロードレースからエンデューロなどのロングライドまで、マルチにこなす、オールラウンドモデルですね。

クロスバイクから、いきなりロードバイクのカーボンか~・・・羨ましいなぁ~!

でも、良い選択をしたんじゃないでしょうかね(笑)

つくば市にあるバイクショップマツナガさんで採寸してもらい購入したそうです。

ちょっと見に行ってみようかな?という気持ちからショップを訪れたそうですが、このバイクを目の当たりにしてしまい、購入意欲が湧いてしまったようです。

12月の下旬に納車予定とのこと。

「納車されたら、また一緒に走ろうじゃないか!冬場で寒いけど大丈夫か?」

と尋ねたところ・・・

「寒さなんて関係ありませんよ!ガンガン行きましょう(笑)」

S君、やる気に満ちておりました・・・なんだか彼が、きらきら輝いていましたよ(爆)

私の気のせいでしょうかね(爆)

きっとこれで、仕事の効率も良くなることでしょう・・・一石二鳥です。

もう一度言っておきましょう!

「S君、ロードバイクの世界へよ~うこそ!」

そのS君に感化されたかのようにもう一人、ロードバイクの購入を考えている若者がおります。

そうです、走行会の時にあのマウンテンバイクで完走したO君です。現在ロードバイクに関するあらゆる情報を収集しているようです。

近いうちに彼もS君と同様、我々と同じようにロードバイクの世界に足を踏み入れることになるでしょう、間違いありませんね(爆)

上司としては、カーボンバイクへの道のりを部下に先を越されてしまった訳ですが、うれしいと共にやっぱりちょっと悔しい思いが込み上げてきました。

ちょっと考えてみようかなぁ~物欲が納まりません(笑)

兎に角、フレームを探したいと思います。候補は、前々からいくつか考えているものもあるんですが。

カーボンにするなら、現在と同じメーカーのコルナゴか、それともデローザか・・・イタ車なのかアメ車なのか、それともドイツ、ベルギー・・・スペインといろいろ迷います。

だからと言って、じゃぁ~これにしよっ!っていう訳にもいきませんけどね(笑)

私のような週末ライダー!

もう少し良く云えば、ロングライドを好み、サンデーイベントには極力参加したいと思っているサンデーイベントライダーにお勧めなカーボンバイクは、何が良いのでしょう。

いろいろ考えてしまうとこれがまた決められないんですよね。

でもやっぱりイタリアの老舗コルナゴが好き!

ミドルレンジのカーボンバイク!コルナゴで云えば・・・CLX3.0がいいなぁ。

2012年車仕様のCLX3.0のホワイトカラーのフレームを探しています(笑)

勿論、新車なんて考えておりません・・・中古車ねらいでいきたいと思います。

今のプリマがほぼカラーはブラック!真逆のホワイトカラーを狙っています。

それもパールホワイトに憧れます、パールホワイト!

Clx3wht

2012年コルナゴCLX3.0 ホワイトカラー

カーボン繊維をアップグレードし、進化を遂げたそのフレーム構造は、CX-1同様のヘッドシステムに変更することによって、ハンドル周りの剛性をさらにアップした構造となっているようです。

なかなか筋肉質な体系でしょ・・・やっぱりコルナゴ、男前です。

ストレスフリーのシフトと快適なライディングが、まさに風を切り裂く走行を実現してくれる一台になるのではないでしょうか。

いろいろな実車インプレを見てみるとヒルクライムに対しては、辛い評価が多いようです。しかしながら、先にも申し上げた通りロングライドを優先し、サンデーイベントライダーの私にとっては、十分なパフォーマンスを叶えてくれるバイクになることでしょう。

愛車のコルナゴプリマとの2台併用の使い分けが出来たら、さらにロードバイクの世界を広げることが出来る。

いい考えでしょ!

コルナゴプリマは、トレーニングも兼ねた普段乗りに使用して、ロングライドやサンデーイベント、仲間との走行会には、このCLX3.0で臨む。そんなことが実現出来るといいですね(爆)

実現に向けて頑張ってみよ~っと!

でも、その前にもう一人の部下、O君をロードバイクの世界に引き擦り込むことにしましょうか。

この件については、改めてご報告させて戴きます。

最後まで御付き合い戴き、有難うございます。ポチッと応援の程、宜しくお願いします。


にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »