« 火の国・・・熊本へ! | トップページ | ピアノ防音対策 DIY »

2013/03/09

マヴィックイクシオン クリンチャーその性能は!

昨年の7月末にマヴィックイクシオンに完走してから走行距離は、ようやく3,000kmとなりました。

ロング走行を趣旨として乗り続けているロードバイクだけに、やはりコスパを考えるとクリンチャーに落ち着いてしまう訳ですが・・・

最近、チューブラーやチューブレスも試してみたいなぁ~と思うようになりましたが、先立つものが今のところありません(笑)

チューブラー等を使用することになってもこのクリンチャーとの併用になるでしょう。

今後もお世話になるこのクリンチャー・・・今回使用しているマヴィックイクシオンの状態を走行距離に準じて2回目の備忘録です。

■フロントタイヤのYKSION GRIPLINK

優れたステアリング制御を可能にする安全性の高いグリップ力シリカを添加したデュアルコンパウンド 「S+」を使用しています。

あらゆる状況の路面でもしっかりとしたグリップを確保し、軽量でしなやかな高密度ケーシング。

パンクのリスクを低減 強いナイロン素材によるブレーカー(パンク防止素材)を採用。

■リアタイヤのYKSION POWERLINK

最高のパワー伝達性、回転抵抗の低減と安全なグリップ力のあるデュアルコンパウンド。

ドライブ性能の向上に向けた軽量でしなやかな高密度ケーシング。

高い耐久性、パンクリスクを低減 デュアル コンパウンドと強いナイロン素材によるブレーカー(パンク防止素材)を採用。

上記はマヴィック社による

それでは、3,000km走行後のタイヤの状態を確認してみます。

まずはフロントのGRIPLINK

Photo_5

Photo_6

走行路面との設置面であるデュアルコンパウンドトレッド部分は、当たり前ですが1,500km走行時と比べてかなり平らになってきましたね!

これが最大の変化でしょうか(笑)

グリップ力は装着時と現状では特に変わった変化は見られず、安全性は高いと判断できるタイヤではないでしょうか。

耐パンク性能についてですが、3,000kmを走行してノーパンク!継続中です。

外見上、ケーシングやビートの大きな異常は認められません。細かい亀裂が少々判るようになってきました。

次にリアのPOWERLINK

Photo_7

Photo_8

フロント同様に接地面のデュアルコンパウンドが平らになってきているのと同時に左右に使用素材の違いが判るといって良い亀裂が見て判ります。

しかしながらこの亀裂は、走行距離1,500km時点でも現れており、3,000kmに達した今の状態も亀裂が大きくなっているようなことは見受けられません。

そして今のところフロント同様、グリップ力の衰えは感じていません。

鈍感なだけかもしれませんが・・・(笑)

耐パンク性能については、フロント同様ノーパンクです。

いずれにしてもロングライド主体を目指す管理人にとって、ノーパンクは大変うれしいことです。

勿論走行後は、タイヤを拭いて、異物の混入の有無を確認し、あれば撤去をするようにしています。それ以外は特に手を施している訳ではありません。

結果的には今のところ、ドライブ性能にも満足しているので、個人的には相性の良いタイヤであるといって良いでしょう。

マヴィック社製のホイール性能を十分発揮されるように研究開発されたタイヤですからね、相性も良い筈です。

走行時の与条件は以下のとおり。

■マヴィック社製のインナーチューブを使用。

■装着ホイールは、マビック キシリウム エリートを使用。

■メインの走行路は一般道やCRの舗装道路(少々未舗装路面も走行しています)

タイヤ接地面のコンパウンドが平らな面積が増加することは、精神的に不安なところですが、今のところグリップ力も保たれていること、ドライブ性能も満足していることから、もう少し頑張ってもらおうと思います(笑)

まずは、走行距離4,500km!・・・出来れば5,000km走ってくれると嬉しいですね。

但し、命を預けるタイヤですから無理な選択はしません・・・グリップ性能に違和感が感じられるようになったら即、交換します。

出番を控えているタイヤは、コンチネンタルグランプリ4000Sです。

クリンチャーを手放すことには絶対にならないけど、チューブラーも使ってみたいですね。その時はホイールも調達し、リムハイトなチューブラー専用のホイールとすることになります。

クリンチャーとの併用か?・・・迷いますね。普段使いはクリンチャー!

じゃぁ~チューブラーはいつ使う?・・・(爆)

いっそのことチューブラークリンチャーかな?訳判らなくなりました(笑)

下のバナーポチットして戴けると有難いです↓


にほんブログ村

|

« 火の国・・・熊本へ! | トップページ | ピアノ防音対策 DIY »

体質改善・健康維持」カテゴリの記事

コメント

タイヤは早めの交換が安心ですね。

偏見をいれないためにも距離で交換時期を決めておくのがいいかもしれないです。

ポチ。

投稿: tac-phen | 2013/03/10 04:38

araitaさん、こんばんわ!
土日と仕事ご苦労さまでした。
「MAVICイクシオン」侮れませんね〜!
araitaさんとの相性がいいのかもですね。
オヤジのコンチGP4000Sは流石にロングライドでの
定評通り良いですよ!
しかし「チューブラー」とはなかなか渋いですね、
ホイールも高いですし・・・
ま、なんにしてもパンクしないのが一番ですね!

投稿: ただのオヤジ | 2013/03/10 22:23

tac-phenさん

お早うございます。
私の中では、普通に走行していて5,000kmを目安にしています。
その与条件や環境によっても違いが出ますけどね。

投稿: araita | 2013/03/11 08:52

ただのオヤジさん

お早うございます。週末仕事で走行出来ませんでした。
タイヤについては、チューブラークリンチャーってものを一度試したいと思っています。

チューブラーは使ってみたいとは思いますが、コスパを
考えるとちょっと敬遠してしまいますね。
レース等での使用であれば良いですが、使い分けするほど今のところ余裕ありませんから(悲)

投稿: araita | 2013/03/11 09:00

こんにちは。

昔はいろいろなタイヤを試してみようかと思っていましたが、今のタイヤに不満が無くなってから、ずっと同じタイヤです。

そうは言っても、あれこれいろんなタイヤを試してみるのは面白いですよね。araitaさんの記事も参考にしています^^。またGP4000の履き心地なども教えてくださいね~。

ではヽ(´▽`)/

投稿: まっさん | 2013/03/11 10:35

こんにちは。

マヴィックのホイールにはマヴィックのタイヤ!と云うことで採用しましたが、かなり良いとお思いますよこのタイヤ。
ローテ出来ないと云うことはありますが、耐パンク性能もグリップ力も良し、オールマイティーなタイヤかもしれません。
もう少し走って、次はコンチのグランプリ4000Sを試してみます。

投稿: araita | 2013/03/11 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/56858114

この記事へのトラックバック一覧です: マヴィックイクシオン クリンチャーその性能は!:

« 火の国・・・熊本へ! | トップページ | ピアノ防音対策 DIY »