« マヴィックホイールラチェット音・・・減音確認OK | トップページ | 道祖神峠の後は桜川経由で筑波山へ »

2013/05/21

愛宕山、道祖神峠を経由して筑波山へ

走行距離に対しての獲得標高が1%を超える翌日は、脚に程よい疲れが残っていて気持ちが良い・・・本当か?

皆さん鍛えてますか?

最近、脚の筋肉も少しづつですが改善されつつある管理人araitaです。

それを見ると・・・頑張れる!

やはり筋力をつけるためには、ヒルクライムへの挑戦か(笑)

今日の記事は、19日日曜日の午前中限定ライド、坂があまり得意ではない管理人が峠を楽しんでまいりましたとさ・・・そんな記事。

最後まで御付き合い頂けると嬉しいです・・・お時間のない方はスルーで(笑)

さて、懸念されていた天候の方ですが、一転して晴れに・・・週末は兎に角、雨に降られたくないぞ!走行が出来て良かったぞ~と空を見上げて出発します。

020

目標地点は、管理人があまり好まない愛宕山、そして道祖神峠。その後は北筑波稜線林道辺りを攻めてみようかと。

何故好まないか?その理由は・・・

愛宕山も道祖神峠も標高はあまり厳しいものではありませんが、斜度が常に10%を超えているので坂好きには、なんてことの無い坂でも、坂が得意ではない管理人には、やっぱり辛いんですね(笑)

ただ、何故だかたまには行きたくなる・・・脚の筋力アップには、峠を攻めるのが近道!という事もあり、行ってしまうのか?

そんな思いをはせながら、国道6号線から125号線を笠間方面へ突き進みます。予定では本日も午前中限定ライドとしています。

021

ひたすら真っ直ぐ・・・

022

そして石岡駅前通過。

さらに突き進んで、笠間市にIN。

025

前方に見えるのが愛宕山。

026

標高306mの愛宕山は、春になると中腹から山頂にかけて見事な桜が咲き誇り、山が ピンク色に染まるのですが、その時期はとうに過ぎて、新緑の愛宕山・・・綺麗です。

028

ここから登頂・・・ヒルクライム開始。

029

緩やかな登坂から始まりますが・・・

最後まで中間地点の写真は無し。

何故かって・・・12%を超える斜度が九十九折で迫ってくる。ちょっと大げさだけど、脚を付きたくないじゃないですか?

写真を撮影する余裕なんて、坂が苦手な管理人には、ありませんでしたよ(笑)

登山客に挨拶を交わすのが精一杯という事で(爆)

でも、その眺望・・・しっかり戴きました。逆光なのでその美しさが写真では表せませんがこんな景色。

031

管理人も一緒に記念撮影。

033

小休憩後は、颯爽とダウンヒル・・・登坂時の写真がなかったので、途中で辺りの様子を一枚だけ画像に納めました。

スポーツモードで撮影してしまったので、ダウンヒルのスピード感が全く出ていない・・・ご容赦ください。

042

ダウンヒル後は、次の目的地・・・道祖神峠へ向かいます。その後は、板敷山に行って板敷峠から、北筑波稜線林道を経由して湯袋峠まで行く予定なんですが・・・

043

笠間の峠って結構楽しめますね・・・なんだか旅気分になれますよ。走行中の鳥のさえずり・・・ウグイスの鳴き声だってしっかりと確認できます。

ホーホケキョッ・・・ってね。

気分は癒されるけど・・・またまた10%の勾配が管理人を待ち伏せ。

045

この山を越えると前方に見えるは、道祖神峠!

047

高速道路下を通過すると、緩やかな勾配が始まります。確かこの辺りのルートは、8月10日に予定されているブルベ(千葉の手賀沼スタート)200kmのコースにも設定されていたはず。

スタート直後も9.5%・・・ガーミンの表示では、10%と表示されていました。

049

ブルベの走行とは真逆な走行ルートですけどね。道祖神峠も標高こそ低いですが、斜度は10%を超えるものが多かったかと。

無理せず、ゆっくりでの登坂です。筑波さんと比較してみたらの話ですが・・・個人的な見解を申し上げると、平沢から不動、風返し、そしてつつじヶ丘への登りの方が楽だと思います。

道祖神峠の方が距離が短いですから、たとえにならないかもしれませんが、個人的にはあまり好みませんね。

050

ほら~9.5の次は、11%だよ(笑)

10%を超える勾配続きの場合、やっぱり28Tが欲しくなります。間違いなく管理人は、クライマー肌じゃありませんね。

何とか最後の力?を振り絞って峠に到着。

051

到着記念に1枚・・・登り終えるとなんてことないんですけどね。

この先上へ行けば、吾国山方面も最高の眺望が拝めるらしいんですけど・・・前回トライした時に震災復旧工事中で、途中で通行止めでした。

その様子は、こちら!

どうしようか一瞬迷ったのですが、今日はこの後、北筑波稜線林道を制覇する予定。

当初の目的を優先します。

一気にこの様子をUPしたいところでしたが、長くなったので一旦区切ります。

先に結果だけお伝えしますと・・・

北筑波稜線林道を走行することは中止とし、別のルートで筑波山を目指すことになったんです。

えっ!何故かって…理由は2つほどありましてね(笑)

次回へ続く、つくば道・・・応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« マヴィックホイールラチェット音・・・減音確認OK | トップページ | 道祖神峠の後は桜川経由で筑波山へ »

体質改善・健康維持」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
いいですね〜、愛宕山に道祖神峠
ここなら自分が早起きさえすれば、一緒に行けそうですね〜
今度予定を教えて下さい。
夜間走行してお供致します。

投稿: プチデビル | 2013/05/21 07:29

プチデビルさん

笠間方面は楽しめると思いますよ、本当に旅に来た気分にもなるんじゃ
ないでしょうか(笑)
デビさんとは是非、北筑波稜線林道を一緒に走りたいと思います。
あっ、それとも林道は、もう嫌ですかね~

投稿: araita | 2013/05/21 08:37

峠道おつかれさまです。読んだだけで、お腹いっぱいになりました。笑
araitaさんがおっしゃる苦手の度合いがどの程度かわかりませんが(間違いなく自分の方が苦手の度合いが数段強いのは間違いないですが^_^;)、それなりの頻度で峠道を走られることが間違いなく実を結んでいくんでしょうね~。見習わなければならないと思いつつ…。

投稿: T.A | 2013/05/21 08:46

T.Aさん

やっぱり斜度10%を超えてしまうと私にはきつく感じます。
それに付け加え、全行程が10%以上となると、途中で脚を
付きたくなると共に、叫んでいますよ・・・誰もいないので(笑)
脚の筋力をつけるためには、ヒルクライムが近道!
週末しか乗れない我身には、たまにヒルクラしておかないと余裕を
もってロング走行出来ません。
いざと云う時の用心です。

投稿: araita | 2013/05/21 09:25

ウェアーのマジックなのか、カメラ撮影のテクニックなのか定かではありませんが、もしかして体しまってきたのでは?
にしても勾配キツイですね、すごいですよ、ホント^^;
私は沿道で応援させて頂きますよ。笑
フレー!フレー!araitaさ~ん♪

投稿: hana | 2013/05/21 16:05

ヒルクライム、お疲れさまでした(^-^)/

10%超えが続く中を走りきると、かなり充実感を味わえそうですね~(o^-')b

大変な道って、「もうイヤだぁ~!」って思いながら走っているんだけど、何故か?時間が経つと、また走ってみたくなるから不思議ですよね(^w^)ノ

投稿: hitomi | 2013/05/21 16:37

hanaさん

有難う御座います。
そうそう、体がしまって見えますよね(笑)
残念ながら現物は?
締まった体に見えるだけです、ハイ(爆)
いい感じに撮れていたので、掲載・・・頑張ってもう少し
絞りたいと思います。
脚の脹脛は・・・筋肉ついてきましたよ。

投稿: araita | 2013/05/22 10:55

hitomiさん

充実感と云うか、何で来てしまったんだろう?ですかね(笑)
もう少し途中に5%程度の坂があると心地よいのですが
最初から最後まで「いやだ~」連発でした。

でもてっぺんに到着するとその感覚も薄れてしまい、また更に
頑張れる気持ちが蘇ってくる訳です。
決して坂好きではありませんが、おかしなものですね。

投稿: araita | 2013/05/22 10:59

はじめまして araitaさん。
私、取手住まいのponと申します。

小貝川CRでいろいろ検索していたところ、貴ブログを拝見し、お近くでかんばってらっしゃる方がおられるんだなあと楽しく拝見させていただいております。

私もまだロードを始めて半年の初心者ですが、小貝川CRは岡堰を基点に毎日走り込んでおり、筑波山にもよく出かけますので、よろしければ練習等に私も参加させていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿: pon | 2013/05/24 08:42

ponさん

こんにちわ!
コメント及びご訪問戴き有難うございます。
是非是非、ご一緒してください。練習と云えるような
走りをしてはおりませんが、仲間との走行は、ソロでは
味わえない楽しさがあります。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: araita | 2013/05/24 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/57422812

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山、道祖神峠を経由して筑波山へ:

« マヴィックホイールラチェット音・・・減音確認OK | トップページ | 道祖神峠の後は桜川経由で筑波山へ »