« 北筑波稜線林道を走ってみたけど(前篇) | トップページ | あら、あらっ!確認したら獲得標高2600m超えてましたよ! »

2013/07/17

北筑波稜線林道を走ってみたけど(後篇)

連休最終日に北筑波稜線林道を始めて走った管理人araitaです。この林道には、スカイスポーツ・・・いわゆるパラグライダーの離陸地点が点在していることでも良く知られております。更にはつくばの林道と云えばやっぱりこの北筑波なんでしょうか?ロードバイクでの走行よりは、モーターバイクでのツーリングが有名かもしれません(笑)

まぁ~そんな林道を今回ソロで攻めてきた訳なんですが、攻めたというよりは、攻められっぱなしだったかも?いえいえ、決してそんなことはありませんよ。しかしながら見た目緩やかな勾配道路も何故かきつい!・・・ガーミン君は常に10%近傍を行ったり来たり・・・各峠、山越えごとにアップダウンがあるのも面白かったですね。

結局、きのこ山だけではなく、足尾山、一本杉峠、加波山までの稜線林道を制覇してきました。半日かけてのトレーニングとしては、まずまずといったところでしょうか。では、後篇の始まりです。

Photo_4

キノコ山のてっぺんを目指してアタック開始で~す。距離的には大したことはないようです。私の下調べでは4km迄ない筈・・・3.6km程度の行程として脚を使っていきましょう。そのてっぺんは、パラグライダーの離陸地点になっているはずです。

林道と云うよりは、獣道と云った方が近いかもしれませんね・・・両サイドは草ぼうぼうに生えているし、路面はかなりウエッティーな部分が多いし、所々苔も生えていてスリッピ~!ダウンヒル時にはあまりスピードは出せませんねこりゃ(笑)

1

涼しいと言えば涼しいかもしれませんね、太陽の日差しを遮ってくれていますから、でもね今日は至って曇り空・・・どちらかと言うと蒸し暑いのを何とかしてもらいたかったです。写真から見るとそんなに勾配きつくないじゃないですか・・・でも管理人の脚が貧脚のせいか前へなかなか進めません(笑)

道路の中央部には、所々苔は生えていて、兎に角よけながら登って行きます。いや~本当に獣道と云った方が正しいですね。

Photo_5

林道の右路肩部分にはアスファルトで出来た土手・・・いわゆるアスカーブが施されていて水がちょろちょろとその路肩部分を流れます。写真のような勾配道路が次から次へと管理人を襲う!こっちは攻めているつもりでも攻められっぱなし?やっぱりソロライドは寂しいです・・・こんな時に仲間が居るともっと頑張れるんでしょうね。自転車仲間の存在って大きですよね。

でもここまで来たら頑張るしかねぇ~・・・本当に獣が出そうだぜ!と思ったら右手前方で・・・ガサガサっ!管理人・・・えっ、ビクッ!熊かぁ~?

熊の訳ねぇ~だろ!じゃぁ~猪か?それとも狸か?

その正体は!

猪でした。画像がないのが残念ですが・・・バイクのサドルバックに付けていたきずきベル!その音にビックリしたのでしょうか。猪はこちらに向かってくることなく、山の中へ逃亡していきました(笑)

マジですよ、マジ!ビックリしました。ちょっとですが・・・ビックリしました。だから、峠を攻める時は仲間と一緒の方が良いなぁ~。あっ、でも一緒か。みんなマイペースで走るから走行中はいずれにしても一人旅ですよね。

もしかしたら、きずきベル・・・付けて居なかったら、にらめっこ?状態化していたかもしれませんね。きずきベルを付けていて初めてよかったぁ~と思った瞬間でした(爆)

Photo_6

そして無事にキノコ山を仕留めた瞬間・・・パラグライダーの離陸地点に到着です。今回管理人は写真左手からこのきのこ山にアプローチ。多分ですが、BRM810つくばは、この写真の前方へ直進することで真壁方面へ下って行くんじゃないでしょうかね?でもA型バリケードに通行止めの表示がありますが(笑)

もう少し寄ってみるとこんなところです。

6

この吹流しの状況を確認してパラグライダーが飛べるのかどうか?判断することになる訳ですね。そして今回はこちらのルートへ行くのではなく、右手に進みついでに足尾山も超えてやりましょう。

行く先々にもパラグライダーの離陸地点を発見!

7

ちょっとガスっぽいですが、夏場は仕方がありませんね。でもなかなかの絶景でしたよ、頑張って登ってきた甲斐があったというものです。そして、ようやく足尾山も制覇することに・・・頑張って登ったご褒美にこの眺めは格別です。仲間と一緒だったらもっと楽しめたんでしょうね。

8

この後向かう一本杉峠へ向かって左側の景色はこんな感じでなかなかの絶景。そして右側の景色はと言うと・・・こんな感じでこちらの景色も心が癒されました。

9

勿論この両サイド共に、パラグライダーの離陸地点となっています。この後は同じように林道を攻めて、攻められの繰り返し。幾分、日差しも強くなってきて管理人は滝汗状態。でも気持ち良かったです。そしてとうとう一本杉峠に到着。

ここまで来たかぁ~そんな思いで到着。

Photo_7

ここが一本杉峠、管理人は写真左手からのアプローチ。右手にもルートがありましたが、この先通行不可の看板が設置されておりました。という事で、写真右前方の道路へ進むことになります(笑)もう少し頑張って登りましょうか!

2_3

このあたりは至って楽ちんでしたかね・・・もう既に脚が麻痺しているのか(笑)

Photo_8

これが最後の登りでした。前方のカーブを曲がれば後は徐々に下ってのダウンヒルの開始です。しかしながら林道のダウンヒルは、予測していた通り快適なダウンヒルとはいきませんでした。道幅は狭いし、カーブは急だし・・・所々には木々の散乱、グレーチング、やはり注意して下るしかありませんでした。

ダウンヒル開始の前に加波山制覇の証・・・風車、ウィンドパワーです!

Photo_9

ガッツリくるくる回っておりましたよ(笑)

あまりスピードの出せないダウンヒル・・・でも楽しかったです。正確なハンドリングとブレーキング、体重移動も兼ねたその走行技術?なんかカッコいいじゃん、俺!みたいな・・・そんな錯覚に陥りました。車通りと云えば、すれ違ったのは最後まで軽トラックの一台のみでしたので、今回主役を演じさせてもらいましたよ。(←何の主役だか?)

下山してからは、往路と同じフラワーパーク方面に向かいます。北筑波稜線林道を走りきった後の復路、何だかその達成感もあり気持ちが良かったのですが・・・あまり脚は回りませんでした・・・Orz

Photo_10

つくば市に入って、少し小腹がすいたのでいつものパン工房、クーロンヌ筑波店に立ち寄って本日の締めのホットドックを戴きました。トッピング付きで300円・・・ここのオーナーや従業員もロードバイクをやられていて、少しづつローディーが常に立ち寄りやすいお店へと環境改善に努めていらっしゃるとか。

どちらから来られたんですか?今日は自転車で?・・・そんなこと言われるとちょっとちょっと恥ずかしいというか、どう返事したらいいかと迷いましたが・・・

北筑波稜線林道を攻めてきた帰りなんですけどね!

これが管理人の模範解答でした(笑)この後無事に午前11時予定通り我が家に到着。連休最終日の家族サービスに着手する管理人でした。

今度どなたか、北筑波稜線林道!ご一緒しませんか?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« 北筑波稜線林道を走ってみたけど(前篇) | トップページ | あら、あらっ!確認したら獲得標高2600m超えてましたよ! »

体質改善・健康維持」カテゴリの記事

コメント

え?イノシシ?
「この後、管理人はイノシシと格闘
見事その戦いに勝利し
この晩は家族と共にシシ鍋に舌鼓を打ちました」
っていう文章を期待したんですが・・・
(↑無茶言うなよwww)

単独で山、しかも人気のまったくない林道なんかを
走ってると怖いですよねぇ
ガサガサッ、ビクッ(*_*;
バサバサッ、ビクッ(*_*;
の連続ですよねぇwww

筑波にもこんな林道があるんなら
ちょっと行ってみたいですねぇ
araitaさんもどうやら林道は嫌いじゃないみたいなので
来年あたりどうですか、ボクとデビさんが走った
AJ千葉の400km嶺岡・・・?
苔、濡れ落ち葉、グレーチング盛りだくさんで
楽しいですよ♪(一人じゃなければwww)

投稿: ぽじ | 2013/07/17 09:48

ぽじさん
猪鍋に舌鼓・・・ほんと、そういきたかったところなんですが(笑)
いやぁ~焦りました、一瞬ですが。
林道嫌いじゃありませんよ、本当に・・・でもまだ修行が足りませんね。
強靭なケツも必要かもしれませんが、私にとってはケツよりも強靭な
心拍と脚を手にしなければなりません。まぁ~無理なのは判ってるんですけどね(笑)
嶺岡400のエントリー・・・楽しそうですね、今から検討しておくことにします。
その前に群馬に行かなくてはいけませんね(笑)

投稿: araita | 2013/07/17 10:30

(おそるおそる)は~ぃ。
機会があったら、
見晴らしのいい景色をご褒美に
討ち死に覚悟で挑みたいです。

投稿: ZEN | 2013/07/17 12:39

気付きベルって何かと良いものですね。山は苦手ですが
車が少ないのが良いですねw

当方、お盆過ぎに京都に入洛します。その時、自転車を
持っていって京都を満喫しようと思います。
センゾクの坂、金額寺→清滝、嵐山渡月橋→松尾橋の
桃カフェに行く(主婦だってロードレーサーになりたい)予定です。

実は先祖のお墓参りが主ですがw

投稿: SHIRONAGO’S | 2013/07/17 12:52

ZENさん
全く問題ないでしょ、その脚力をお持ちのZENさんなら!
眺望は最高に良いですよ。達成感もありますが、ソロライドだとやはり
寂しいんですよね。
次回は是非ご一緒にどうぞ(笑)

投稿: araita | 2013/07/17 17:16

シロナゴさん
私も基本、山は苦手ですよ。でも脚を鍛えるためには手っ取り早い
っていう事もありますし、ダウンヒルと共に眺望は捨てがたいですね(笑)
京都の街並みをロードバイクで堪能・・・これ最高ですね。
いずれは日本中を走り廻りたいと思っております。
20日は、宜しくお願いします。
やちよまで車載も捨てがたいなぁ~(笑)

投稿: araita | 2013/07/17 17:20

遅いコメントですいません。
すっげぇ楽しそうなコースじゃないですかぁ
いつでも自分がお供しますよぉ!!
8月は訳ありでちょっと距離を控えようかと思ってます。
araitaさんの早朝ライドが自分にもピッタリのような気もしますので、予定が合う日はお供させてもらおうかと思ってます。
よろしくお願いします。

投稿: プチデビル | 2013/07/18 12:13

プチデビルさん
このルートと言うか、北筑波稜線林道は、BRM810つくばのルートですから、来月実際に走る事になりますよ^_^
狸又は、猪に注意ですけどね。車通りは、無いし本当に主役で走れますよ。

投稿: araita | 2013/07/18 12:29

不動峠、湯袋峠の先はまだ見ぬ地でしたが・・・やっぱりかなり
の山道のようで心配です。もしものときにギブアップしてもいい
ように輪行袋持参と思いましたが、逃げ道がなく結局は自走して
帰らないといけないかと思うと・・・ 
絶景を楽しむため、腹をくくるしかなさそうですね。

投稿: Tomy | 2013/07/21 10:16

Tomyさん
輪行袋はいずれにしても携行するつもりです。機材のトラブルであれば走りたくても
走れませんからね(笑)
そんなことが無い様にメンテしておきますが!
獲得標高が2600mですから、あまり頑張り過ぎず、マイペースで行くしかありません。
時間たっぷり使って完走しちゃいましょう(笑)

投稿: araita | 2013/07/22 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/57804035

この記事へのトラックバック一覧です: 北筑波稜線林道を走ってみたけど(後篇):

« 北筑波稜線林道を走ってみたけど(前篇) | トップページ | あら、あらっ!確認したら獲得標高2600m超えてましたよ! »