« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013/08/31

サイクルトレーナー(固定式ローラー台)の使用感等を!

ブログの更新がなかなか出来ませんでした(笑)

ちょっと業務が忙しすぎてしまいましてね(爆)とにかく無理せず少しづつでも更新して行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします・・・備忘録的な事ばかり記事にしていますが、もしお時間があれば遊びに来て戴けると嬉しいです。

今日は筑波山に朝連に行ってきました。ブルベ及び落車で少し脚を痛めてしまった為に、遠のいておりましたが、少しだけですが峠を走ってきました。まだまだの感が強い走りでしたが、とにかく峠を攻める事が出来て良かったです。

まぁ、その話題はまた後日と云う事で、タイトルのとおりサイクルトレーナーの使用感を少しだけ今日は述べておきたいと思います。

導入したのは、ミノウラのLR760・・・固定式のローラー台と云うよりは、サイクルトレーナーと云った方が正しいかもしれない!

本来、室内で活用するのが当たり前であると思いますが、何せ今年の夏は暑すぎる・・・使用時の滝汗及び自然な風を体感したいと云う事もあり、まずはバルコニーで使用してみることにしました。

005

こんな感じでセッティングして廻してみた訳ですが・・・

写真のユニットウッドデッキの仕上げ面が濡れているでしょ・・・これ、私の使用時の滴り落ちた汗です(笑)

滝汗・・・と云うか、サウナに入るより汗をかくの・・・簡単ですよ(爆)

後輪とのセッティング状態はこんな感じ・・・

007

アルミ車のPrimaにセッティングした訳ですが、後輪の空気圧は通常走行時よりも高圧にします。ローラーの接点圧力が弱すぎるとスリップしてしまうので、圧力が強すぎてもダメとの事・・・とにかくスリップしない事を確認出来る所まで、ダイヤルをまわして圧力を調整するだけなので簡単です。

使用時の音と振動は、どうでしょう・・・自分が予測していたよりもかなり騒音も振動も低減されているようで、全く気になりません・・・安心しました。これなら室内の何処でも使用可能と思われます。

床に遮音シートや振動低減ゴムマットを敷けば、全く問題ないですね。それよりも汗を思いっきりかいてしまうので、どちらかと云うとその対策の方が重要かもしれません。ですから私の場合、今のところはバルコニーで使用しておきます。

景色は変わらないものの、自然な風を体感できるし、その分苦行が緩和されています(笑)

先週から今週にかけて3回ほどの使用感・・・走行距離は60km程度での使用感ですが、季節が変わればまた違った使用方法により違った印象になるかもしれませんが、今は導入して正解だったと思います。天候に左右されることなく気軽に乗れる。

騒音や振動も問題ない。しかしながら、やはり景色が変わらないので退屈。サウナに入るよりも簡単に汗をかくので、室内での使用時は、それなりの養生や対策が必要です。

回復走的な使い方も出来るので、今後も重宝しそう(笑)

自転車通勤できない週末ライダーにとっては、平日でも気軽に乗ることが出来ますからね、上手く利用すれば新たな自転車ライフを築けることでしょう。

話題をガラッと変えますが・・・

8/25の日曜日は、娘のエレクトーンアンサンブルのコンテストがありました。参加されたグループは50組・・・ファイナルステージへ進出出来るグループはそのうちの5組。

6年生の先輩達と一緒に、今年も頑張って演奏(2列目の中央が娘)させて貰いました。

Photo

そして、見事金賞を受賞・・・10月14日に行われるファイナルに出場します。ファイナルでも良い結果が出せる事を祈ります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/21

MINOURA Bicycle Trainerの導入

いやぁ~雷の勢いが衰えませんね~(笑)

お陰で途中でネットが切断されるし・・・困ったもんです。と云う事で今回サクッと言っちゃいましょう。

酷暑のブルベで撃沈されてから、ロードバイクへの取り組み方を改めて、考えなければいけないなぁ~と思うようになった訳なんです。

やはり走り込みが足りない・・・焦っている訳ではないんですけど、一日フリーパスもなかなかもらえない週末ライダーの管理人にとって、どうしたらもっと走り込めるんだよ!

そんな思いから、タイトルにあるとおり、いわゆるローラー台って云うやつを導入することにしました。

ローラー台と言っても私が選択したのは、三本ローラーではなく、固定式のもの・・・そうですサイクルトレーナーと云った方が正しいかもしれません。

体調を整える為にも回復走としても使用できるし、天候に左右されることなくトレーニングも出来るし・・・そんな安易な気持ちで導入しました。

まぁ~走行中の景色が変わる訳ではなく、退屈且つ苦行となる可能性もありますが、そんなこと言ってられません。

とにかくもっと時間を割いてでも、クランクを回さなければ、来年に至ってもこの悔しい気持ちを払拭する為のリベンジなんて出来やしませんからね(笑)

少しづつですが、トライして行こうと思います。

そして今回導入した、MINOURA Bicycle Trainer LR760 Live Ride・・・これこれ↓

003

本日我が家に到着しました。

まぁ~Live Rideと云う事でその名のとおり、スマフォのアプリを使用して、想定されているコースのライブライドが出来るんですね。そうすれば退屈しのぎも可能かなぁ~なんて安易な考えなんです。

ただライブライドを直ぐに導入しようとは思っておりませんが、サイクルトレーナーに慣れて来た時点で取り組んでみたいと思います。

004

ライブトレーニング、ライブサイクリングをするためには機材も追加しなければいけませんが・・・そのうちやってみましょう。

まだ梱包されたままで、中身を見たり勿論、組み立てる事もしておりません・・・夏季休暇明けで業務も忙しく、そんな時間も取れない状況。

組み立て及び実際に使えるのは、結局週末になりそうです(笑)

実際の使用感などのレポは、またその時にさせてもらいます。

念のため、ミノウラのライブトレーニングの詳細は、こちらを参照してください。

そして、LR760の情報については、こちらを見てくださいね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/08/17

回復走行ってきました!

今週は、身体のケアに努めてまいりました・・・と云うか今週の月曜日までは、ロクに歩く事も出来ませんでしたからね(笑)

何とか火曜日には外に飛び出して、家族と浅草そしてスカイツリー・・・水曜日は墓参り、木曜日は親戚が遊びに来たのでまったりと過ごしました。しかしながら管理人の脚はパンパンにむくんでいるような状態が続いています。こんな状態になったのは初めてですね、無理をし過ぎた結果が、このありさまです。

皆さんもどうか、お気を付け下さい。

どんな状態だったかと云うと脚の筋肉が腫れ上がっているというか、穴を開けたら「ぴゅ~」っと水でも出てきそうな感じと云うのでしょうか(笑)きっと筋繊維と筋膜共に損傷しかけていたんでしょう(爆)早いとこ再生してほしいものです。

運動エネルギーである糖質、脂質の燃焼と乳酸が同じように消費してくれると良いんですが、なかなか難しい(不可能?)どうしても乳酸が溜まってしまいますよね・・・見える訳ではないのでどんなふうに溜まっているのか判りませんが、上手く消費できるような身体作りが出来ると良いですね。

前置きが長くなりましたが、なんとか自転車に乗れるようになったので、軽く回復走に行ってきました。思いっきり平坦基調のルートを選択し、脚の気の向くまままの走行。目指すは霞ヶ浦・・・ここなら風は強くとも走行路は平たんですから(笑)

脚の筋肉の状態はと云うと・・・全然だめですね!まだ張りが残っているし、筋肉痛だし(笑)しかし、どんだけ普段使わない筋肉を使わされたんでしょ?使うというより、痙攣で苦しめられただけですが(爆)

あ~、また道にそれました・・・元に戻しまして回復走の状況ですが、乗り始めて異変に気付きました。異変というか・・・脚が何かを訴えているようです。

おいおい、サドル・・・ちょっと高い気がするよぉ~・・・もう少しだけで良いから下げてくれないか!

そんな悲鳴が聞こえた訳なんです。これってたぶん健脚には判らない事なんじゃないでしょうか?今回は疲れ切った脚に従う事にしました。そして停止して、サドルを7mm程下げて走行を続けます。

どんな感じかって?ちょっと低すぎやしませんか?見たいな感じがしましたが、脚力は以前よりもダイレクトにペダルに伝わるような気がしました。しばらくこれで乗ってみましょう・・・もしかしたら今までのサドル高さが高過ぎていたのかもしれませんね。最高高さを超えている事は有りませんが、乗りながら調整して行きましょう。

回復走と云う事で平坦基調なルートを時速25km、平均心拍は120から130の間で走行を続け、向かう先は霞ヶ浦・・・風があって暑さもしのげる為、今日はとても走りやすかったですね。先週が、この程度の天候であったら良かったんですがね(笑)

053

あっという間に浮嶋に到着・・・写真だけ撮影して先を急ぎます。霞ヶ浦自転車道は、日本一長い自転車道を目指して現在も整備が続けられています。ですからこの西浦右岸も少し前まで工事区間が点在しておりましたが、現在は粗舗装され随分と走りやすくなりました。

054

麻生迄続く西浦右岸の自転車道・・・前回来た時は整備中でした。このように舗装も綺麗になり走りやすくなりました。回復走にはもってこいです。但しまだ一部分ですがダート(砂利路盤)がありましたね。

そして左岸に入って、走行距離は50km、本日予定の半分に到達したので天王崎国定公園で、休憩をとります。

055

もう少しガンガン飛ばしたいところですが、無理は禁物・・・先週学んだばかりですからね(笑)ここは気持ちを抑えて走ります。ただ、左岸に入ると追い風基調となり、時速30kmを超える快適走行が出来ました。更に景観も、路面も霞ヶ浦自転車道の中では、管理人一押しの場所です・・・整備されて間もないっていう事もあります。

060

もっと走れないかなぁ~と思っていましたが、なんとか100km走れてホッとしました。早朝5時に出発して帰還は午前10時30分のちょっとした時間での走行でしたが、やっぱり自転車に乗るというのは楽しいですね。それと調子の良い時には判らない、不調の状態で乗ると、何か身体が教えてくれるような気がしました。

でも明日は、ゆっくり休脚します・・・娘のレッスンの送迎もあるので(笑)

本日の走行結果はこちら↓

Photo

なんとか走行距離100kmを走行、平均時速も特にこだわった訳ではありませんが、左岸走行時の追い風に助けられて、25kmオーバー!

って云うか完全な平坦路で獲得標高は約309mですからね(笑)

回復走になったのかな?・・・でも走れて良かったです。まだまだ筋肉の張りがありますので、身体のケアに努めます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/08/13

BRM810千葉200kmつくば・・・DNF直前の状況

前回の続きです。

BRM810千葉200kmつくば・・・不動峠を前にして両脚痙攣、だましだまし走っては休憩を繰り返し、押し歩きの状態。途中復調しかけたが、北筑波稜線林道へ突入し、再度痙攣に襲われる始末。クリートさえ嵌める事が出来ずに、バイクにまたがり決して状況は良いとは言えない路面の林道をダウンヒル、ぽじさんの待っているミニストップを目指します。

管理人の後続組・・・誰一人として追ってこない?みなさんDNF、それともルートをミスしたのか?どうにもならない、云う事を聞かない身体になっても他の参加者の事を気にしている。余裕があるからではない、自ら達成出来そうにない事象に対して誰かに達成してもらいたいというその気持ちが強かったのかもしれない。

それでもまだ、もしかしたら?そんな気持ちで前へ進んでいた・・・今思えば、笑ってしまうけど、その時は必死だった。

北筑波稜線林道を抜けて桜川市内へ向けての平地走行・・・頑張って漕いでも25km/hを出せるかどうかの状態。時間は既に15時を過ぎ、PC2のクローズ時間は17時04分。残された時間は約2時間。茂木から笠間を抜けてPC2へ辿り着く為には二つの峠を越えなければならない。

この時点で管理人のタイムアウトはほぼ確定・・・でもまだ気持ちは、頑張るしかないかなぁ~なんて思っていた。でもきっとぽじさんにもう無理ですよ、絶対厳しいですから・・・DNFするなら、今でしょ!って、言われるに違いないという事も思い描きながら走っていた。

チェックポイントの羽黒駅入り口交差点にあるミニストップは、今までにも数回訪れた事がある場所。今回のブルベでの走行路で走った事がないルートは、そのミニストップから笠間までの区間のみ。今までは、それなりに走れたのに今日に限ってなんでなんだよ~!

そしてミニストップに到着・・・ロードバイクを置いて店内に入ろうとしたけど、脚が動かなかった。

そこで、ぽじさんと再会(本当に応援に駆け付けて戴きありがとうございました。思いっきり甘えさせて戴き、申し訳ありませんでした)・・・DNFを宣言、本日30番目のDNFでした。

残念な結果となった今・・・冷静に考えて、この200kmと云う距離に油断をしていたのか?

いえいえ、決してそんなことは有りません。距離的には問題ないとは思っていました。しかしながら、今回の峠は試走もし、その環境も理解したうえで臨んだ訳で、簡単にクリア出来るとは全く思っていませんでした。サドルバックに念のため、輪行袋入れておきましたからね。

いや、それは機材のトラブルがあったっ場合の対応だったんじゃないのか!ってことは・・・やっぱりどうにかなると思ってたってこと。

しっかり反省して、来年早々に再度チャレンジしたいと思います。

今回応援に駆け付けてくれた皆さま、本当に有難うございました。そして酷暑の中、参加された皆さまお疲れ様でした。

今は・・・身体のケアに努めます。今週末は少しだけでも乗れるかな?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/08/11

BRM810千葉200kmつくば!参戦の結果は・・・残念ながらDNF

昨日、BRM千葉200kmつくばに初参戦してきた管理人araitaですが、結果としては残念ながらDNFとなりました。

今回、写真もありません・・・そんな余裕、無かったんです、気持ち的に。

今年一番の猛暑の中での参加となりましたが、スタート当初から息苦しく感じられ、心拍も平地を走行しているのにもかかわらず、150~160の値を示している状態・・・う~ん、何かがおかしい?

試走も含めて準備はしてきたものの、この夏場の熱波に対する身体造りが出来ていなかったようです。準備はしてきた?・・・いえいえ、結局準備なんか出来ていなかったということです。

この経験を忘れることなく根本的に最初から出直し、酷暑にも耐えられる身体造りをしていきたいと思います。酷暑に耐えられるという事以前に、筋力アップのみならず、ケアをしっかりとしていかなければいけませんね。

このブルベに参加して、いろいろと考えさせられる事も多かったように思います。ここではその思いを伝えることはしません・・・と云うよりも出来ませんと云った方が正しいでしょう。今後の取り組みの中で、少しづつ展開していけたらなぁ~と思います。複数年かかるかもしれませんが、当ブログで記事としてアップして行きたいと思います。

そして昨日のブルベですが・・・DNFを宣言したのは、桜川のミニストップ96km走行した時点で、次のPCまで距離は40km・・・時間的にも1.5時間しかありません。更にはそのPCへ到着する為には、栃木の茂木を経由して、峠をふたつ越えなければなりません・・・それも10%を超える斜度の峠・・・完全にアウトです。

Photo

上のデータの心拍の数字を見てください・・・やっぱり普段と違いました。スタート地点から不動峠の登りに入るまでの50km(平地走行)ですが、平均心拍の値は、150から160を示している状況・・・くどいようですが、とても酸素が薄く感じられました。平地走行でこの心拍数は、今まで管理人にとっては経験のない?値です。そして最高心拍は、176!この値がどの時点かと云うと、峠に入る前の値です。自分でもこの時点で訳が判らなくなっていたかもしれません。

峠を走らずして、最高心拍ですから・・・(笑)

振り返ってみれば、50km程度の平地走行を完了した時点で両脚腿、脛に痙攣の兆候が出てしまっていた訳で、明らかに普段と脚の状態が違っていた。これも管理人の体調管理のまずさでしかありませんが・・・気持ちだけが先走っていたようですね。この時点で本来ならDNFを告げるべきなのか・・・もう少し走ってみないとそれは判らない、こんなところでは諦められない・・・これが本音でした。

平沢遺跡では、自転車仲間のトモさんの迎撃を受け、その後不動峠にアタック・・・少しして、両脚痙攣・・・この時点で管理人の頭には、DNFの文字が!直ぐにご一緒して戴いている仲間にツイート!「脚攣ったので、先に行ってください」と告げるのが精一杯でした。

結局、走っては休憩、歩いては休憩の状態で不動峠をクリア、だましだまし、風返し峠まで辿り着き、湯袋峠のダウンヒルで落ち着かせることが出来ました。ただ、いくら急いでもこのような状態、仲間に追いつくはずは有りません。

ところが・・・湯袋峠を柿岡方面に下っていくと仲間を発見!えっ、なんで?と思いましたがご一緒させて戴いた皆さんに追いつく事が出来ました。もしかしたら・・・待たせてしまったのか?それならば、とにかく頑張るしかありませんよね。やっぱりこの時点でもDNFは出来ませんでした。

その後の上曽峠迄のアタックでは少なからずとも復調はしたものの、スピードは上がらず、ご一緒した皆さんに迷惑をかけました。更に、上曽峠までのダウンヒルでは、コーナリングでミス!車との接触を避けるために急ブレーキでタイヤをロック、そして滑らせて転倒・・・先を急がないと間に合わない、そんな気持ちがあったんでしょう・・・最悪でした(笑)

きのこ山から一本杉峠に入ってからは、再度脚の痙攣に見舞われてしまい、ノックアウト寸前!とにかく行ける所まで行くしかない、歩いてでも一本杉峠を超えるしかないという状態でした・・・仲間の時間内完走を祈りつつ。

そして、押し歩きしている管理人と行き交う一台の軽自動車・・・「araitaさんですか?」と声を掛けて戴きました。最初はAJ千葉のスタッフの方かと一瞬思いましたが、「俺がaraitaだなんて知るはずないよなぁ~」

なんと声を掛けてくれたのは、ブログで交友のある“ぽじ”さんでした・・・はるばる群馬から応援に!そして次の通過チェック地点のミニストップで待っていてくれると・・・本当に心強かったです。ここで管理人の次の目標は、決定!出来る限り速くミニストップに行かなきゃでした。

こんな状態でもまだ諦める事が出来なかった・・・終わってしまっているのは判っているのに。

“ぽじ”さんの待つミニストップへ急ぎます・・・この続きはまた後日。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013/08/09

明日は管理人が頑張る番です(笑)

昨日は記念日休暇を取って娘の応援に行ってきました。

1

ジュニアエレクトーンフェスティバル2013茨城地区大会の高学年の部に出場した娘ですが・・・演奏中にちょこっと指が滑ってしまったとかで、ミスがあったものの楽しく演奏出来たようです。

2

娘にとっては、このステージに立つことが精一杯の状態ですかね・・・次のステップに進むためには今まで以上の努力をしなければならないことは勿論ですが、演奏技術も磨くと共に、もっと強い気持ちを持って臨まなければ今と何も変わらないことでしょう。

我々に出来ることは、それに取り組むことへの環境づくりしか手伝うことは出来ませんしね(笑)

結果としては昨年よりも一歩後退する結果となってしまったけど、その悔しさをバネにして、また新たな気持ちで頑張ってもらいたいと思います。

でも娘を見ていて思います・・・のほほ~んとしている娘に対して、もっと悔しがってもらいたいんですが、あまり気持ちを表に出さない我娘・・・背伸びをする必要は無いけれど、折角やるんだったら「負けてらんねぇ~!」と云う気持ちをもっと表に出してもらいたい。

でも、兎に角・・・お疲れ様~良く頑張ったよ・・・と今日の所は言っておきましょう(爆)

試練はすぐにやってくるんですけどね(←それは後程)

そして、いよいよ明日に迫りました初参戦のブルベ・・・BRM810つくば。走行距離208kmと獲得標高2634mにプチデビルさんTomyさんと一緒に挑みます。

そうです・・・昨日までは娘が頑張った、今度は管理人が頑張る番です。距離的には200kmと云うことで特に問題視はしていない分、暑さをどのようにしのいで体力を温存するか・・・これが勝負の分かれ目ですね。

気持ちだけ先走らない様に慎重かつ大胆に楽しんで来たいと思います。更に今回ご一緒するプチデビルさんは、SR(スーパーランドナー)の称号を手に入れるための大事なブルベ!迷惑をかけてしまう訳にもいきません。

管理人と同様にブルベ初参加のTomyさんと共に一致団結して臨みたいと思います。時間内に完走して、その後はファミレスで打ち上げ!これも楽しみですね。明日から管理人は都合よく夏季休暇に入ります。休暇初日からブルベへ参戦です・・・勿論自分との戦いですから自分の為に走りますが、娘への願掛けライドとしても走りたいと思います。

その願いとは・・・前述の内容の続きとなる訳ですが!

JEF地区大会を終えた娘ですが、本日9日もレッスンがあります。今月25日にはアンサンブルの楽器店の大会があり、ご一緒戴く皆さんとこれまた地区大会出場へ向けてのグループレッスン。

そして11日の日曜日に、創作講座とオーディションを受けるために、今日のグループレッスンが終わってからも19時半くらいまで個人レッスンが予定されています。と云う事で、ブルベ完走の願掛けは、娘の11日に行われるオーディションが上手くいくことを願ってと、25日の楽器店大会で目標をクリアできるようにと願掛け走行をしてきたいと思います。

こうなったらどんなトラブルに見舞われようとも完走しない訳にはいきません。自分で自分にプレッシャーをかける・・・これが困難を乗り越えていくうえで、大事なことではないでしょうか(笑)

決戦は明日・・・今度は管理人が頑張る番・・・がんばって完走してきま~す!

でも翌日からはまた、娘に頑張ってもらいましょう(爆)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/08

BRM810構想と記念日休暇(笑)

気分は既に夏休み!こんなことで良いのか?と云ったって仕方がありません(笑)

今日は毎年恒例の記念日休暇を取得している為、仕事は休み。今週の金曜日をしのげば待ちに待った夏季休暇に突入します。そして、BRM810つくばに初参戦・・・モチベーションもかなりヒートアップしている管理人araitaです。

そこで初参戦2日前となり、昨日再度予定ルートをルートラボで引き直して、確認しておきました。

その結果としては、走行距離は208.3km。

獲得標高は、2,634m。

最高高度は、554mと云う結果です。

天候にも恵まれそう・・・思いっきり暑くなりそうですが、降雨に見舞われるよりも良いでしょう。

Photo

いずれにしても不動峠に入るまでの51kmは、負担をかけずに走りますが速度は十分保つ必要があります。この区間で体力と時間をどれだけ貯金できるかが勝負です。

最初の峠が不動峠から風返し峠で湯袋峠に向かってダウンヒル。そして第2の峠は上曽峠をクリアしてからのきのこ山、足尾山を経由して一本杉峠からのダウンヒル。個人的にはこの峠を越えてしまえば、後は楽しく走行するのみ・・・そんな感じでしょうか(笑)

しかし、茂木の峠も油断できませんね・・・上の高度表を見るとだらだら~と長く続くアップダウン・・・15%勾配も待ち受けているとの事ですから、ここでひと踏ん張りですね。

そして最後の峠が裏不動・・・150km走行してからの峠越えですから、距離は無いものの気力だけで超えていくしかありませんね。

再度不動峠を越えてしまえば、帰り道は往路をトレースするだけ、きっと復路の取手に差し掛かった頃には、夜空に取手花火大会のスターマインが我々を出迎えてくれることでしょう。

当日まで少し走っておくか・・・それとも体力温存か?迷うところですが・・・ポタリングでもしておきますか(笑)

以上、ブルベ妄想記事でした(爆)

話はガラッと変わりますが、本日の記念日休暇取得理由・・・娘の応援です。応援と云うか送迎も兼ねた応援です。

今日はJEF(ジュニアエレクトーンフェスティバル)の茨城地区大会の為、ひたちなかまで行ってきます。楽器店の代表として、昨日もレッスンに明け暮れた娘ですが、ここに出演する皆さんは勿論・・・強者ぞろい(←常連さんばかりですよ~)

娘は、小学校高学年部門に出場する訳ですが、やっぱり6年生は技術が優れていますからねぇ~!なかなか5年生が太刀打ちできるもんじゃありませんよ(笑)

この一年の差ってなかなか埋まりませんよね~。

でもどうせなら、頑張って次のステップに進むことが出来たら嬉しいですね・・・これも妄想でしかありませんが(爆)

まぁ~結果に拘らず、今の自分の力を精一杯出し切ってもらいたいと思います。「負けてらんねぇ~!」そんな気持ちで臨んでくれたらいいのですが・・・

賞を取るためにやっている訳ではないけれど、折角なら賞をもらってほしい。去年は銀賞を戴けたので、今年は金賞か?・・・あっはは~無理無理!

それでは送迎と応援に行ってまいりま~す!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/07

ステンレスキャップボルト疲労破壊!

今日は水曜日、週も半ばと云う事で夏季休暇前の忙しいところですが、本日午前中は胃カメラ検診と云う事で半休を戴いて、体内のピロリ菌と格闘し始めようとしている管理人araitaです。

ピロリ菌の除菌の為の処方薬投与についても今年から保健が適用されるということで、3年前に確認出来ている体内のピロリ菌・・・幼少の頃から井戸水がぶ飲み状態でしたので、この感染は仕方がありませんが、とりあえず今後の為にも除菌をしておきたいところでした。

ブログやツイッターで交流のあるぽじさんも先日、一週間禁酒を条件に薬を投与してピロリ菌除菌に努力をされておりました(笑)

今度は私の番なのか・・・兎に角リスクを回避したいということで、一週間の除菌生活に足を踏み入れたいと思います。

さて本題ですが、アルミバイクのコルナゴプリマ・・・シートポストには3Tのカーボン製を使用していますが、その固定ボルトのステンレスキャップボルトが疲労破壊を起こしたようです。

疲労破壊・・・締め付けていた時に起こったならばまだ判るのですが、保管しておいた状態で起きたんです(笑)

あれっ・・・カバーが外れてしまっている!おかしいなぁ~と思いつつ確認してみるとボルトの頭部が床に転がっている状態でした。

1

取れなかったどうしよう・・・潤滑油をシュッとスプレーして、ニッパの先端でゆっくり回してみたところ・・・無事に回転!事無きを得ました・・・ホッ!

2

しかし、不思議なもので締め付けている時にトルクを掛けすぎて折れてしまうのなら、まだ判りますが、ロードバイクを保管していて、ふと見たら・・・キャップが外れていた訳でして・・・こんなこともあるのですね。

折れていたのは片側だけだったんですが、両サイドのボルト2本とも交換しておきました。これで安心できますね。

3

交換したボルトはM4の15ミリ・・・20ミリでも対応可能でしたが、ホームセンターで購入すると一本25円くらいでした。20ミリは30円だったかと。

ここ程度なら最低一年に一度は交換しておいた方が宜しいですね。いずれにせよ小まめなメンテナンスが必要と云うことでしょう。皆さんもボルト類の締め付けには十分お気を付け下さい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/08/06

筑波の峠で朝連・・・峰寺山、上曽から裏不動経由しての復路

いやぁ~予報どおり今週は夏真っ盛りと云うような好天に恵まれておりますね。皆さん如何お過ごしでしょうか?今週末の10日はブルベ初参戦ということでモチベーションもかなり高まってきている管理人araitaです。

そして今週は夏季休暇前と云うこともありながら、個人的にも忙しい?・・・明日は胃カメラを予約しておりまして、ピロリ菌との戦いの前哨戦(笑)

そして、木曜日は記念日休暇を取得して、娘のエレクトーンコンクール(ジュニアエレクトーンフェスティバル)地区大会の応援と云う事で、ひたちなかへ行ってきます。今年も楽器店代表と云う気持ちを忘れずに頑張って演奏しちゃってくださいね~!

話は変わりますが実は、BRM810つくば参加に向けて、ちょっと心配ごとがありましてね・・・もしかしたらその当日に、娘のレッスンが入ってしまうとブルベに参加できない可能性がありまして・・・でもそんなことになったら心が折れるばかりか・・・何とも言えない心境でした。絶対にそれは避けなければなりません。

そこで、先日娘の教室へ送迎に行った時に、担当講師であるT先生にとりあえず、確認してきたんですよ!

「来週の土曜日なんですが、レッスンが入ってしまうようなことって・・・ありませんよね?」

「先生・・・ありませんよね!」

先生・・・「来週の土曜日って何日でしたっけ?」

管理人・・・「10日ですよ、10日!」

先生・・・「う~ん・・・無いでしょう・・・大丈夫ですよ!」

管理人・・・「よっしゃぁ~!」

それを聞いて安心と云うか、ホッとしました・・・これでBRM810つくば・・・参加出来ます。頑張れます、そして思いっきり楽しめます。当日までは体力温存・・・しっかり体を休めることにしましょう・・・なんといっても最近疲れ気味なもんで(笑)

前置きが長くなりましたが、前回の続きです・・・と行きたいところなんですが。

ここで最初に御断りしておきますが、前回の記事で湯袋からダウンヒルして柿岡方面へダウンヒル、そしてこの上曽を目指したわけですが、一部ルートをショートカットしていたようです。正確なルートとしては、小幡の交差点まで直進してから上曽方面へ左折の様です。皆さんお間違えの無い様にして下さいね(笑)

それでは気を取り直して前回の続き!

初めて走行するルートで峰寺山を越えて、上曽峠を目指します。この林道は下の写真にあるようなスリッピーな道路が続く、猪との遭遇もままならないルート(笑)管理人は不動峠を攻めた時と同じような走りで登って行きます。勾配は不動峠へ向かうルートよりも若干ですが厳しいかなぁ・・・そんな感じでしたが、きっとここでもデビさんが先行して引っ張ってくれることでしょう。

014

進んでも進んでも同じような路面状態・・・夏場の走行路としては、涼しくて良いかと思われますが、管理人は滝汗状態でしたね。

015

そして、峰寺山にはあの関東の清水寺とも呼ばれる西光院がありますが、今回は立ち寄らずにその駐車場をパスする。すぐに東筑波ユートピアが現れます・・・お猿さんの曲芸など堪能できる施設ですね。

峠道に入るとドリンクはここで補給(自動販売機)しなければ一本杉峠を越えるまで確保できませんので、10日に走行される方は要注意です。

017

東筑波ユートピアを過ぎると道路の名称は、あじさい道路・・・当然その時期には道路の両サイドは、あじさいで満開になるわけです。

018

そして、もうひと踏ん張りして登って行くと峰寺山のてっぺん?に到達出来ます・・・ここが一番の眺望ですかね!高度はそれ程でもないので、まだまだ筑波連山の中腹みたいなもの。この先の上曽を超えてからの北筑波稜線林道が今回の最大の山場かなぁ~(笑)

いや、最大の山場は茂木の登りですかね(爆)とりあえず、この景色を画像に収めておきましょう。

020

この後は上曽を越えて、きのこ山の入口まで行きましたが、今回は時間がないのでブルベコースとは関係のない上曽峠からのダウンヒルを堪能してきました。舗装されたばかりの道路で最高のパフォーマンスが出来る様になりましたが、このルートも対向車には十分注意が必要です。

カーブ手前での確実な原則を心掛けますが・・・「ヒャッホ~」と叫びたくなります。

021

直線道路が短いので時速60kmオーバーとはなりませんが、かなり気持ちが良くダウンヒルを楽しめましたよ。ダウンヒル後は、フラワーパーク前を通過して、いちご団地へ。

そして辻の交差点で右折して再度不動峠を目指します。このルートは当日のブルベルートと同じです。写真下のルートから不動峠を目指す訳ですが、表不動は天国、そして通称地獄と呼ばれた裏不動・・・果たしてどんな走行となるのでしょう!

022

下記写真が裏不動への入口です。

023

10%勾配道路が終始付きまとい、ダンシング併用で登っていく訳ですが、150km走行してからの登りは脚にくることでしょうね・・・でも最後のヒルクライムとなる訳ですから頑張って登ってしまい、道の駅しょうなんまでの残り51kmを余韻に浸りながら走ることになるでしょう。途中分かれ道がありますが、基本左へ、左へと云う感じで道なりに上ります。

024

裏不動の方が勾配は勿論表不動よりきついですが、距離は短めですかね!あっという間に不動峠へ帰還しました。この後は、もう一本峠を攻めてしまうかどうか悩んだのでが・・・行くとすれば、朝日峠を越えて土浦方面から帰るルートとなります。

どうしようか?悩んだ挙句、結論は今日は無理しないということと、とりあえず獲得標高1,000mは超えたことだし、時間に余裕を持ってそのままダウンヒルして復路としました。

丁度100km走行を目指していたのですが、ルートとしては90km位でしたので、自宅周辺をグルグル回復走気取りで走行して、今回のブルベ試走を終えました。

さぁ~後は、当日を迎えるだけになりましたね・・・試走した結論としては、キューシートはもう少し簡易な取り付け方法で良いことに決めました。ルートを入れたガーミンがその分働いてくれることも確認できましたし、峠までのルートは自転車仲間のTomyさんが完全に把握されているようですし、キューシートはいざと云う時の為に携行している程度で問題ないことを確信しました。

今回の走行は、獲得標高1,161mと云う事で当日の半分にも及びませんでしたが、時速22.4km・・・当日は時速20kmで走れますかね?気持ちだけとして、デビさん、Tomyさんと終始ご一緒して許された時間を満喫したいと思います。

今回のリザルトです。

Photo_2

10日のブルベに参加される皆さん、頑張って走り、思いっきり楽しみましょう。当日、声をかけて戴けると嬉しいです。

そして完走後は、打ち上げで盛り上がりましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013/08/05

筑波の峠で朝連・・・不動、風返し、湯袋峠からダウンヒル

こんにちわ~・・・週末は暑かったですね!BRM810つくばへの参加ですが、一週間を切りました。身体の方はどうかと云うと、なんだかちょっとだるいというか、疲れが抜け切れていないというか・・・そんな感じです。

8月3日の土曜日は、そんな疲れの残る体に鞭を打って早朝に出発・・・しかし、午前11時半には娘を音楽教室へ送迎しなければならないため、100km走行を目標に攻めてまいりました。えっ~?どこを攻めたかって?

そりゃ~仮想ブルベとお云う事で、筑波の峠を時間の許す限り堪能してきました。つくば市内に入ってから実際のルートを確認しながらの走行ですよ~。

002

太田橋を越えて不動峠に向かう一直線な農道・・・この道も今回のブルベのルート!当日はどんな走りを?何方と御一緒に?デビさんとTomyさんとは間違いなくここまでは、ご一緒しているでしょうね・・・(笑)そんなことを考えながらひたすら先を急ぎます。

この先、途中で右折して、大堀電気前を通過して直ぐに左折、北条新田の交差点を通過して、大池方面へ右折なりに進みます。ブルベ当日は、ここまで道の駅しょうなんから約51km程で平坦基調なルート・・・いよいよここから坂道基調の筑波連山の峠越えが始まる訳です。きっとこのあたりから皆さん単独走行することになるのでしょうね。

003

そして大池公園のハス・・・一面綺麗に咲いておりましたね。1週間後の当日もまだまだ見ごろかな?写真を撮影して直ぐに再スタート!今日は時間に制約がありますので先を急ぐしかありません。この不動峠へ向かうルートは走りなれた道ですから、迷う事もなく、後はどの様なペース配分で登るか・・・重要なのは、それだけですね。

しかし今日もローディーが多かったですね!しかも女性ローディー・・・自転車女子と云うんですか?3ん人に一人は女性でしたよ・・・羨ましい(笑)

005

ここが不動峠の入口・・・このまま直進、徐々に勾配がきつくなってきます。でも最初の登り初めと、不動峠手前の10%勾配を除けば、そんなに苦しいルートではありませんから、無理せずにマイペースを保って登って行きます。ギヤ2枚ほど余らせながらが管理人にとってはちょうど良いかな?でも心拍は結構バクバクしていましたけどね(笑)

007

そして、最後の10%ではダンシングで対応!結構調子よく登りきることが出来ました・・・満足満足!休憩せずに先を急ごうかと思いましたが、やっぱり記念撮影だけはしておかないとね・・・という事で、撮影とドリンクを口に入れて、軽くストレッチした後、再スタートして風返し峠を目指しました。

009

不動峠から風返し峠までは、個人的にはとても走りやすいルートだと思います。勿論登っている訳ですが、適度なアップダウンもあると共に道幅も広く、路面も悪い状態では有りませんので、ブルベ当日も不動で休憩することなくノンストップでこの風返し峠まで来てしまう方が良いかもしれませんね。特段急こう配もありませんから本当に楽しく走れるルートです・・・ファミリーコースと云うのですかね(爆)

また、その時の状況によって、もちろん調整ですが、一気にダウンヒルしてしまっても良いかもしれません。下の写真は、風返し峠を越えて湯袋方面へ少し降りたところでの撮影です。前方にゲートが設置されている部分が、風返し峠の交差点ですよ。

やっぱり猪渓谷と云われているだけあって、猪との遭遇も要注意?ですね・・・前回、お会いしてますからねぇ~。

010

そしてここから湯袋峠へ向かって一気にダウンヒル・・・所々カーブがきつい部分もありますが、後半は直線道路もかなりあるので高速ダウンヒル可能なルートです。但し、油断は禁物・・・カーブ手前での減速を確実に行うと共に、対向車には十分注意が必要です。そして湯袋からさらに柿岡方面へダウンヒル・・・その後は次の峠へ向かうという事で上曽峠を目指しました。

011

この道路を少し先に行くと「筑波ユートピア」と云う看板が出てきますので、そこを左折して上曽峠へ向かう林道に入ります。少し進んで右方面へバイクを走らせます。上曽峠までは、峰寺山を越えていく訳ですが、この林道は苔が生えていて、所々スリッピー、路面の状態も決して良い状態とは言えませんでした。まぁ^林道とはこのような状態が当たり前だとは思いますが、踏み込んだ時に後輪がズルっと滑ると・・・なんだか悲しいですね。

給水についても要注意・・・ここから先は給水施設はありませんね・・・ただ筑波ユートピアの入口に自動販売機がありますからドリンクの購入は可能なんです。

対策としては、ここへ到着する前のPC1で補充と補給をしておけば問題ないでしょう。峰寺山と上曽峠は過去に何回か攻めたことがあるのですが、つくばユートピアまでのこの林道を登って行くのは初めてです。

登りなれていないローディーにとっては、まず第一の関門(←難関門ではありませんよ)ですかね?ただ・・・登りきって上曽峠を越えて達成感を味わう事は良いのですが、この後のきのこ山から一本杉峠までのルート・・・直ぐに第二の関門(←ここも難関門ではないですね・・・景色は最高ですから!)が待っている訳で・・・今回のBRM810つくば・・・この連続のヒルクライムは結構堪えるでしょ・・・暑さも最高調の予報ですしね(笑)

まぁ、企画された方達の思惑が見え隠れする最高のルートであると言っておきましょう。初参加だというのに大丈夫か・・・大丈夫大丈夫・・・気楽に行きましょう・・・そのために部分的に試走対策した訳ですから!

少し長くなったので一旦切ります・・・この後の様子は、また後日!裏不動を越えての復路となります。

ポチッと応援宜しくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »