« 筑波の峠で朝連・・・不動、風返し、湯袋峠からダウンヒル | トップページ | ステンレスキャップボルト疲労破壊! »

2013/08/06

筑波の峠で朝連・・・峰寺山、上曽から裏不動経由しての復路

いやぁ~予報どおり今週は夏真っ盛りと云うような好天に恵まれておりますね。皆さん如何お過ごしでしょうか?今週末の10日はブルベ初参戦ということでモチベーションもかなり高まってきている管理人araitaです。

そして今週は夏季休暇前と云うこともありながら、個人的にも忙しい?・・・明日は胃カメラを予約しておりまして、ピロリ菌との戦いの前哨戦(笑)

そして、木曜日は記念日休暇を取得して、娘のエレクトーンコンクール(ジュニアエレクトーンフェスティバル)地区大会の応援と云う事で、ひたちなかへ行ってきます。今年も楽器店代表と云う気持ちを忘れずに頑張って演奏しちゃってくださいね~!

話は変わりますが実は、BRM810つくば参加に向けて、ちょっと心配ごとがありましてね・・・もしかしたらその当日に、娘のレッスンが入ってしまうとブルベに参加できない可能性がありまして・・・でもそんなことになったら心が折れるばかりか・・・何とも言えない心境でした。絶対にそれは避けなければなりません。

そこで、先日娘の教室へ送迎に行った時に、担当講師であるT先生にとりあえず、確認してきたんですよ!

「来週の土曜日なんですが、レッスンが入ってしまうようなことって・・・ありませんよね?」

「先生・・・ありませんよね!」

先生・・・「来週の土曜日って何日でしたっけ?」

管理人・・・「10日ですよ、10日!」

先生・・・「う~ん・・・無いでしょう・・・大丈夫ですよ!」

管理人・・・「よっしゃぁ~!」

それを聞いて安心と云うか、ホッとしました・・・これでBRM810つくば・・・参加出来ます。頑張れます、そして思いっきり楽しめます。当日までは体力温存・・・しっかり体を休めることにしましょう・・・なんといっても最近疲れ気味なもんで(笑)

前置きが長くなりましたが、前回の続きです・・・と行きたいところなんですが。

ここで最初に御断りしておきますが、前回の記事で湯袋からダウンヒルして柿岡方面へダウンヒル、そしてこの上曽を目指したわけですが、一部ルートをショートカットしていたようです。正確なルートとしては、小幡の交差点まで直進してから上曽方面へ左折の様です。皆さんお間違えの無い様にして下さいね(笑)

それでは気を取り直して前回の続き!

初めて走行するルートで峰寺山を越えて、上曽峠を目指します。この林道は下の写真にあるようなスリッピーな道路が続く、猪との遭遇もままならないルート(笑)管理人は不動峠を攻めた時と同じような走りで登って行きます。勾配は不動峠へ向かうルートよりも若干ですが厳しいかなぁ・・・そんな感じでしたが、きっとここでもデビさんが先行して引っ張ってくれることでしょう。

014

進んでも進んでも同じような路面状態・・・夏場の走行路としては、涼しくて良いかと思われますが、管理人は滝汗状態でしたね。

015

そして、峰寺山にはあの関東の清水寺とも呼ばれる西光院がありますが、今回は立ち寄らずにその駐車場をパスする。すぐに東筑波ユートピアが現れます・・・お猿さんの曲芸など堪能できる施設ですね。

峠道に入るとドリンクはここで補給(自動販売機)しなければ一本杉峠を越えるまで確保できませんので、10日に走行される方は要注意です。

017

東筑波ユートピアを過ぎると道路の名称は、あじさい道路・・・当然その時期には道路の両サイドは、あじさいで満開になるわけです。

018

そして、もうひと踏ん張りして登って行くと峰寺山のてっぺん?に到達出来ます・・・ここが一番の眺望ですかね!高度はそれ程でもないので、まだまだ筑波連山の中腹みたいなもの。この先の上曽を超えてからの北筑波稜線林道が今回の最大の山場かなぁ~(笑)

いや、最大の山場は茂木の登りですかね(爆)とりあえず、この景色を画像に収めておきましょう。

020

この後は上曽を越えて、きのこ山の入口まで行きましたが、今回は時間がないのでブルベコースとは関係のない上曽峠からのダウンヒルを堪能してきました。舗装されたばかりの道路で最高のパフォーマンスが出来る様になりましたが、このルートも対向車には十分注意が必要です。

カーブ手前での確実な原則を心掛けますが・・・「ヒャッホ~」と叫びたくなります。

021

直線道路が短いので時速60kmオーバーとはなりませんが、かなり気持ちが良くダウンヒルを楽しめましたよ。ダウンヒル後は、フラワーパーク前を通過して、いちご団地へ。

そして辻の交差点で右折して再度不動峠を目指します。このルートは当日のブルベルートと同じです。写真下のルートから不動峠を目指す訳ですが、表不動は天国、そして通称地獄と呼ばれた裏不動・・・果たしてどんな走行となるのでしょう!

022

下記写真が裏不動への入口です。

023

10%勾配道路が終始付きまとい、ダンシング併用で登っていく訳ですが、150km走行してからの登りは脚にくることでしょうね・・・でも最後のヒルクライムとなる訳ですから頑張って登ってしまい、道の駅しょうなんまでの残り51kmを余韻に浸りながら走ることになるでしょう。途中分かれ道がありますが、基本左へ、左へと云う感じで道なりに上ります。

024

裏不動の方が勾配は勿論表不動よりきついですが、距離は短めですかね!あっという間に不動峠へ帰還しました。この後は、もう一本峠を攻めてしまうかどうか悩んだのでが・・・行くとすれば、朝日峠を越えて土浦方面から帰るルートとなります。

どうしようか?悩んだ挙句、結論は今日は無理しないということと、とりあえず獲得標高1,000mは超えたことだし、時間に余裕を持ってそのままダウンヒルして復路としました。

丁度100km走行を目指していたのですが、ルートとしては90km位でしたので、自宅周辺をグルグル回復走気取りで走行して、今回のブルベ試走を終えました。

さぁ~後は、当日を迎えるだけになりましたね・・・試走した結論としては、キューシートはもう少し簡易な取り付け方法で良いことに決めました。ルートを入れたガーミンがその分働いてくれることも確認できましたし、峠までのルートは自転車仲間のTomyさんが完全に把握されているようですし、キューシートはいざと云う時の為に携行している程度で問題ないことを確信しました。

今回の走行は、獲得標高1,161mと云う事で当日の半分にも及びませんでしたが、時速22.4km・・・当日は時速20kmで走れますかね?気持ちだけとして、デビさん、Tomyさんと終始ご一緒して許された時間を満喫したいと思います。

今回のリザルトです。

Photo_2

10日のブルベに参加される皆さん、頑張って走り、思いっきり楽しみましょう。当日、声をかけて戴けると嬉しいです。

そして完走後は、打ち上げで盛り上がりましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

|

« 筑波の峠で朝連・・・不動、風返し、湯袋峠からダウンヒル | トップページ | ステンレスキャップボルト疲労破壊! »

体質改善・健康維持」カテゴリの記事

コメント

土曜日の気象条件は、厳しそうですが、
炎天下のボトル回収ミッション&鴨川ツーリングを
経験しているAraitaさんは、
完走は、問題なしと思います。
あとは、当日、安全に楽しく走れることだけですね。

決して、無理はなさらぬように。
「頑張ること」と「無理すること」は、別物だと私は常々思ってます。
山岳コースは、キビシイし、暑さもキビシそう。

Araitaさんは、百も承知のこととは思いますが、
あえて言わせて下さい。
気持ちにゆとりを持って、いっぱい楽しんできて下さい。

今のところ、当日、激励のお見送りに行く予定です。

投稿: ZEN | 2013/08/06 09:17

ZENさん
御忠告、有難うございます。確かに頑張ることと無理することは全く別の次元ですよね。
自分の中ではわかっていてもいざ本番となるとどうでしょう?・・・まぁ、もう無理は
効かない身体ですよ(笑)
そういう事も踏まえて、数回に分けて予定ルートを試走してきた訳ですが、今判っていない
のは、茂木の峠だけ・・・ここが一番の難所とも言われているようですので、しっかりと
ランチをしてから望むことにします。距離的にも丁度折り返しですしね。
最初の51kmと復路の51kmは回復走のつもりで臨みます。中間の約100kmの山岳
地帯を充分楽しむことにしたいと思います。
お見送り、お待ちしておりま~す(笑)

投稿: araita | 2013/08/06 09:27

こんなルートへ連れ出すおつもりだったのですか?(笑)
改めて思いますが、エントリーしなくてよかったなぁと。。。
半分が山岳だったなんて、それに復路で裏不動を上るなんて芸当、私にはとてもとてもできません。。。
皆さんの健闘を祈るばかりです。
折角我が街取手を通過するのに、迎撃ができなくて残念ですが、頑張ってください。
暑さだけが心配ですね。

投稿: roadbad | 2013/08/06 10:19

バドさん
ヒルクライムは、自分のペースでゆっくり楽しみながら上がれば良い訳ですから、なんて事ありませんよ(^^;;
機材のトラブルがなければ、時間も十分ありますから、仲間との走行を楽しんで来ます。

投稿: araita | 2013/08/06 13:30

キツそう!こういうルートにエントリーされることに心から敬意を表します。マジで!
偉そうなコト言えませんが、ブルベはそれなりに時間に余裕があるし、あせることなくペース配分を上手くやることが大切なような気がしますね~。
araitaさんの記事を拝見する限り、試走もイメトレもほぼほぼ万全そう!暑さに気を付けて苦しんで楽しんでください!(^^ゞ

投稿: T.A | 2013/08/06 19:20

かなり山奥を走るんですねえ〜。
大丈夫なんだろうか。心配になってきました。
手賀沼からつくば市内までは、ご案内できますが、
その先は牽引ロープでよろしくお願いします!!
だめですか??いい案だと思うんですが!

投稿: Tomy | 2013/08/06 23:58

いよいよですね〜
あと3日後に迫って来ました。
ワクワクします。
不慣れな茂木ですが、事前にルートは確認しておきます。
が、最終的にはaraitaさんのガーミン頼みになるかも…
暑さが厳しそうですが、ボトル救出作戦の事を思えばどおってことないでしょう。
いっぱい楽しみましょう。
よろしくお願いします。

投稿: プチデビル | 2013/08/07 08:06

T.Aさん
今回のブルベ走行予定ルートを再度確認してルートラボで引いてみたところ
距離的には208km、獲得標高は2636mでした。登坂率としては1.3%ですから
普通かなと思うのですが、50km過ぎから150km迄の中にこの山岳コースが盛り込まれて
いるというところがみそですね(笑)
きっとこれでもか、これでもか!って感じで笑いながら、そして叫びながら走りきって
しまおうと思います。
次回は、T.Aさんともご一緒したいですね。

投稿: araita | 2013/08/07 15:49

Tomyさん
Tomyさんの脚力なら全く問題ありませんよ・・・毎年富士山に登坂されているし
私の方が牽いてもらいたいくらいです。
まぁ、山岳コースはソロで走ると寂しいですが、仲間と一緒ですから思いっきり
楽しんでしまいましょう。茂木の登坂以外は走行したことのあるルートですので
皆さんにその目安を走行しながらお伝えすることが出来ますので、大丈夫ですよ。
ギヤは、2枚くらい残す程度で走った方が楽ですよ。10%を超える距離のある坂が
現れた時に最後の手段と云う事で、ギヤチェンジ!
そんな感じで行きましょう。それともアウター縛りで攻めちゃいましょうか?

投稿: araita | 2013/08/07 15:55

プチデビルさん
ホントですね・・・ワクワクしっぱなしで、デビさんのSRに迷惑かけちゃいけないと思って
ルートの試走をしてまいりました(笑)
キューシートももちろん携行しますが、ガーミンは使えますのでそれに従いながら、キューシートで
再確認!そんな感じで行けると思います。ただし、GPSが入らない場所もありますからね(笑)
暑さについては、あのボトル救出作戦によって、自信が付いていますし、あの程度であれば、走行さえ
してしまえば涼しく感じますよ。
走りながら休みますかね・・・復路の取手の花火を確認しながら予定どおりフィニッシュしましょう。

投稿: araita | 2013/08/07 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/57928901

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波の峠で朝連・・・峰寺山、上曽から裏不動経由しての復路:

« 筑波の峠で朝連・・・不動、風返し、湯袋峠からダウンヒル | トップページ | ステンレスキャップボルト疲労破壊! »