« 千葉 九十九里 えびそば ライド | トップページ | 実走して感じた不具合・・・ロングライドでの肩の痛み »

2015/03/02

ガーミン取付マウント位置調整

雨風が強まってきましたね・・・来週も余り天候は思わしくないようです。今度の週末も雨の予報が出ているし、本当に自転車乗れる日って云うのは、限られてしまいますね。

その時は、ローラーやジョギングでカバーしましょう(笑)

では、本題です。

先日の霞ヶ浦、そして今回の房総九十九里を実走して、どうもガーミンのマウントの位置がしっくりきていませんでした。

管理人が使用しているマウントはレックのマウントで、マウント下部にキャットアイのライトを装着することが出来るタイプです。

ハンドルの中央部分にガーミンがセットされる様に取り付けて走行しておりました・・・こんな感じにですが。

001_2

ステム上部にはガーミンエッジ500を装着できるようにしています・・・まぁ~普通と言えば普通なんですが、ライトを装着するとこんな感じになります。

002_2

この画像でお分かりになるかと思うのですが、電動アルテグラのAジャンクションがステム下部に配置されている為に、マウントを中央部分に来るようにしてしまうと、ライトのボタンが押しにくくなってしまうんです。

そういう事なら、外して押せば良いじゃないか!とご意見いただくかもしれませんが、出来る限り付けた状態で操作したいじゃないですか・・・それを改善する為に、マウントをステム左側に付けてみることにしました。

こんなふうにね!

003

そしてライトを付けた状態でも今度はボタン部分にスペースが生まれました。

004

これなら装着しながらの電源操作も問題なくこなせ、点滅する場合のダブルクリックも可能となり、当分の間はこの位置を正として、実走してみたいと思います。ガーミンがハンドルセンターに来ないと違和感があるかなと思いましたが、気になりませんね。

いずれにしても個人的な感覚での問題ですから(爆)

最終的にはこんな感じでまとまりました。

007

エッジ500をハンドルバーの右側に移設、ベルをその部分からステムに移設、ガーミン810J用のマウントはライトの装着の関係から、ハンドルバーの左側に移設しました。

後は、実走して問題の無い事を確認するだけです。

その他の変更点ですが、ハンドルを15mm下げました・・・それでもアルミ車のPrimaに比べて、5mmほど高い状態。

これで2台共に違和感なく乗りこなす事が出来るでしょうか(笑)

そして・・・やはりバックミラーを取り付けました。走行していて、後方を常に確認出来ると言う事は、走行していてとても安心・・・霞ヶ浦と房総九十九里を走行して改めて思いました。

勿論すべてそのミラーに頼る訳ではなく、自分の目で振り返り、後方確認を怠ってはいけませんがね(爆)

さぁ~これで準備は整いました。

後は、週末を待つばかりです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

◆3月走行距離◆

・ロードバイク:0km(獲得標高:0m)

・ローラー:0km(ジョグ代替)

・ジョグ:0km(インターバル走含む)

◆年間走行距離◆

・ロードバイク:770.09km(獲得標高:5,198m)

・ローラー:68.68km(ジョグ代替)

・ジョグ:198.47km(インターバル走含む)

|

« 千葉 九十九里 えびそば ライド | トップページ | 実走して感じた不具合・・・ロングライドでの肩の痛み »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165946/61216611

この記事へのトラックバック一覧です: ガーミン取付マウント位置調整:

« 千葉 九十九里 えびそば ライド | トップページ | 実走して感じた不具合・・・ロングライドでの肩の痛み »